アリーナの日本語化

みなさんこんばんは、MOのモダンに集中のあまりアリーナがアップデートしてからログインしていなかったことを忘れてました。

ちょっと日本語化が気になっていたので表示を日本語にしてみました。
なんと、カードも日本語化されている!

というかインターフェイス同じはずなのに違和感しか覚えない!
真ん中に「対戦相手のターン」とか違和感!

いやこれからやる人にはすごくわかりやすくていいかと思います。
能力の誘発や発動による処理なども日本語化されているので、今何が起こって何をされるのかというのも理解しやすくていいですね。

英語プレイに慣れてくると問題になるのが「日本語のカード名が解らない」という部分です。
スタンダードは基本カードも日本語版を使用しているのでさほどどちらでも問題なく一致するのですが、モダンはMOもカードも英語ベースプレイなので例えば闇の隆盛に収録されている「信仰なき物あさり」と言われてもピンとこないのですが「Faithless Looting」と言われるとあぁ、あれね。赤1マナの2枚ルーティングするインスタントね。

といった具合でしょうか。

まぁどちらがよくてどちらが悪いということはないのですが、日本語版には必ず可能性を秘めてる誤訳問題があるのは確かです。
日本語版でアリーナ始められた方も慣れて操作やカード能力を理解できたら一度しばらく英語にしてアリーナをするとなるほどな。
という具合になるのでは?と思ってはいますが。

英語もそんなに難しい訳でもないので両方に慣れておくとおおかもしれませんね。
マジックプレイヤー同士でのカード名の通称も英語版がベースの物があったりもしますので。

例えばスタンダード内ですと
包囲攻撃の司令官は通称「ギャンコマ」と呼ばれています。
なんでギャンコマ?と思われる方もいるかと思いますが、実はオリジナルが「Siege-Gang Commander」なので略してギャンコマ。

とかあったりします。
私はできるだけどちらでも対応できるようにとは思っていますが。

まぁ結論から申し上げますと違和感が強かったのでインターフェイスは英語に戻しました・・・。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me