試したいのに試せない

みなさんこんばんは、先日連日連夜コテンパンにされたヴァラクートに対抗すべくサイドを改良してみたのですが、それ以降サッパリヴァラクートと対戦しません。

どういうロジックなんでしょうね、ストーム対策するとストームに当たらなくなる、対策して当たってくれたのドレッジくらいだったでしょうか。

まぁ、サイド構築の幅ができたので嬉しい限りなのですが、どうせなら勝ちたいじゃないですか。
コテンパンにされたメタに!

サイドボードは15枚と限られています。
幸いなことに大きな柱となる3つの縛り要素、虚空の杯・血染めの月・罠の橋がそれぞれ4枚入るのがセオリーです。

そしてそのセオリーは対戦相手によっては全く効かない要素と効く要素に分かれます。
稀に面白いくらいどれもはまる対戦もありますが、そんなのばかりではありません。
その相手に対して効かない要素を排除し、効く要素を取り入れ再戦する。
これがサイドボードの醍醐味だと思いますし、マジックの醍醐味だと思います。

大きく分けて赤単プリズンは
・柱となる3つの縛り要素
・クロック枠
・除去枠
・土地枠
・その他枠(PW・マナ加速等)
の5本だと思ってます。

多色ではないので土地枠に手を入れる必要はないですし、クロック枠を削ってまで縛り要素を入れたところで勝ち筋を自ら潰すだけです。
負けにくくはなるでしょうけど、勝てはしないという部分。

となるとトレード要素としては

・三本柱の効かない要素
・除去枠
・その他枠

ということになります、三本柱はどれも4積みなので4枚トレードが可能かとは思いますが、それ以外の枠については1枚2枚のトレード要素になると思います。
言い換えるなら、4積みするものというのは初手でもっているからこそ効果覿面なカードであり、それ以外であれば多種多様な対応をできるよう15枚に収めればいいのです。

と偉そうな事を言っていますが、まだす不動のサイドは完成しそうにありません。
でもレギュラーメンバーはなんとなく見えてきました。
やはり対戦数こなさないとですね。

これは赤単だから可能な話なのかもしれませんが、土地枠をごっそり変える案もあるにはあるのです。
(ただしサイドボードではなくメインそのもので土地を変えてしまうという話ですが)
それも近々試してみたいと思ってます。
でも後手の宝石の洞窟アドに勝てるのかどうかはかなり微妙なものですけどね。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me