勝負の引き際

みなさんこんばんは、たまにはこんな対戦もあります。
メイン・サブとも結構一方的な展開。

お相手は白緑でクリーチャー(トークン)を横並びに展開して一気に畳みかけるタイプ。
早々に橋を貼って殴れなくしてしまったのですが、そこから粘る粘る。
多分アーティファクト除去手段がなかったのでしょう、それを見越してサイドでは月を抜いて針を入れた訳ですが。

殴れる手段はパワー0をタップしてエキストラクトする形なのですが、一度スラッグストームで綺麗にパワー0消してしまってます。

針は鬱陶しいPWを刺せればと思い入れましたが、メインでは出てこなかったボーラスが盤面崩すので早速刺して封印。

あとはガラクやニッサ、アジャニなので殴れない以上別段対処の必要もなく。
ニッサはライフゲインあるので刺そうかとも思いましたが、針が来ないのと豪快にドロー能力起動して放っておいてもライブラリーアウトするのでそのまま放置。

ブロッカーでハゾレトを出しておきましたがこれは早々に除去されました・・・。貼り直しのチャンドラ以外は手札に残さないスタイルで5点飛ばしで勝つか、ライブラリーアウトするか、はたまた投了されるかという場面で意外なことにタイムアウト勝利となりました。

投了の判断基準って難しいですよね。
私の場合は、勝ち筋が断たれるか相手が圧倒して防ぎきれないと判断したら投了するようにしてます。

勝負の引き際は大事ですね、続けることで疲れも出ますし気分を切り替えて次に臨んだ方がメンタル的にも良と判断します。
勝てない勝負は勝てないのですよやはり、足掻くことも大事ですけどね。
難しいところですね。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me