新環境の赤単考察

みなさんこんばんは、ローテーション間近に迫りフェロキドンをいっぱい出している私です。

そろそろほぼ落ちる赤単アグロも回さないといけないのかな。
とまぁ赤単考えないといけないのか、ということで考察。

さて、エルドレインの王権が入ることにより赤単の状況が一変しますね。
魔術師の稲妻と稲妻の一撃が落ちるので、実質お手軽3点火力が消滅。

替わりの火力としては

殺戮の火
殺戮の火

一徹付きの3点火力、1マナ重くなる代わりに赤単なら実質4点。
溶岩コイルと違いソーサリーでない分、使いどころはありそうではあるけど1マナ重いのと追放ではないのでその辺りの比較になりそう。

レッドキャップの乱闘
レッドキャップの乱闘

1マナと軽く4点、その代わり赤以外に撃つと土地をサクらなければならないデメリット付き。
自身が赤単なら相手にサイド後まず投入されてしまいそうな一枚。
ほぼクリーチャーが飛ばされる可能性大、対戦相手がどこまで赤を警戒しているかにもよりますが。

当然ながらこちらはサイドに忍ばせておくカードでしょうか。

灼熱の竜火
灼熱の竜火

実質、稲妻の一撃の後継?
溶岩コイルと稲妻の一撃を足して割って薄めたような・・・。
本体直接火力が撃てない代わりに追放除去。

最後のゴリ押しで使えないのは痛いところですが、面倒な相手には追放できるというなんとも痒い内容。

あとは批判家刺殺と溶岩コイルとショックとの組み合わせになるでしょうか。
残ったのがソーサリー多めというのは早い展開には辛いところ。

焼尽の連射なんてのもありましたが、これは構築では使われなさそうなので割愛で・・・。

気になるカードとしては

義賊
義賊

2マナ2/2なのに到達・速攻。
これだけでもいいというのに、対戦相手より手札が少なければ相手のトップをそのまま唱えられるという・・・。
さすが神話レア、クリーチャーとして使い勝手はよさそう。
序盤の1/1・1/2辺りの飛行相手には十分役割果たせますし、例えば相手のトップが脅迫ならそのまま相手をハンデスとか、選択ならそのままドローとか。
こちら何せ赤単なので相手が緑で重いトップなら公開して終了ではありますが。

4枚入れてもよさそうな内容。

アイレンクラッグの紅蓮術師
アイレンクラッグの紅蓮術師

登場時からなにかとスタイルで話題のこれ。
0/4と自身には攻撃能力ないですが、2ドローからany3点。
灯争大戦チャンドラや実験の狂乱との相性もかなりよさそう。
攻撃力無いじゃないかお思うでしょうが、いきなり4点で飛ばされなければマナクリドルイドみたいに序盤の壁にはなります。

先に挙げたレッドキャップの乱闘があれば即時サヨナラ間違いなしではありますが・・・。

アイレンクラッグの妙技
アイレンクラッグの妙技

アイレンクラッグシリーズ、これまた豪快。
4マナでマナ加速して7マナ、そのあと1つだけ唱えられる。

どう考えてもドラクセスどうぞとしか思えないこのカード・・・。
もしくは神話チャンドラくらいでしょうか。
6マナあれど、7マナはなかなか・・赤ですし。

相手に青が入っていればまずカウンターされると思った方がいいでしょう、これ。

谷の商人
谷の商人

禁止になった信仰無き者あさりの代わりとも言える出来事持ちのカード。
インスタントで1枚入れ替え、その後クリーチャーとして出してから3マナで1枚入れ替え。

下の環境でどのくらい使われるかは未知数ではありますが・・・3マナ起動はどうなんだろうか。

スタンダードでは序盤の手札の質を上げる役割は果たせますね。
余った1マナでインスタント唱えておけば、多少回りが悪くてもクリーチャーで出せるターンも発生しそうです。

あとはエルドレインの王権で考えると赤単だとゴブリンもしくはドワーフでシナジーは組めそうですね。
ドワーフはシナジーなのか?ただ7人の小人とトープランしかないからシナジーとは言えないか・・・。

エルドレインの王権がファンタジー系だけあって赤単のシナジーもファンタジー要素だな本当に。

多色になれば騎士シナジーもあるとは思います。
マルドゥかボロス、ラクドス辺りでいけますね。

長くなりそうなので最後に土地を。

エンバレス城
エンバレス城

赤単ならノーデメリットの土地。
4枚積んで終盤タップでパンプアップしてなんてことも可能。
+4修正には12マナ、本当に土地出し切るくらいでないとフルタップ無理ですけど。
普通に4積みする価値はありますねこれ。

ドワーフの鉱山
ドワーフの鉱山

毎ターン山置いて4ターン目以降に置けば1/1トークン。

先にも言いましたが、もうちょっとドワーフのシナジーがあれば入れ得な土地になったとは思うのですが、まぁそこはコモンの限界でしょうか。
本当にどうせならドワーフだったら○○が欲しかったところ。

赤単に限らない話にはなりますが、本当にエレメンタルってどこいっちゃったんでしょうね・・・。
さて、どうしようかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク