地味ですが強い

みなさんこんばんは、イゼットドローの研究中です。

ダメージソースは
・アイレンクラッグの紅蓮術師のドローで3点
・出るトークンによる殴り
が主なダメージソースなので、派手なダメージレースにはなりにくい反面
上の画像のような状況だとまた話が変わります。

アイレンクラッグの紅蓮術師が2体並んでいる
王家の跡継ぎが奥義発生忠誠度に達している

ということは奥義発動するだけで
・4ドロー(手札計5枚)による5点
・アイレンクラッグの紅蓮術師2体により6点

という勝ち確状況なのですが、対戦相手は気づいていなかった様です。
王家の跡継ぎとアイレンクラッグの紅蓮術師のコンビは絶妙です。
手札をディスカードしたくない場合、もう一つの+1能力を使って紅蓮術師で殴るという暴挙を行っているのでタップ状態という訳です。

結構無駄がない。
タフネス4が除去されにくいのもまた対戦相手からすれば厄介。
やはりこの紅蓮術師はイゼットカラーで生きますね。

トークン加速という意味でサヒーリの追加、ドローの質向上でラルというのも考えてはみたのですがそこまで来るとサルカン入れてフレンズだろうという結論になりかねません。

そうなるとジェスカイスーパーフレンズにしてしまえと・・・。
あまり過剰に土地を置かない構成(ディスカード要因)なので、フェニックス落として3キャストというのもこれまた難しい。
中盤以降の展開としてニヴを入れるというのはありかもしれませんね。
ただ重たいのでどうしたものかという部分はありますが、対戦相手からみればこれほど嫌な展開もなさそうなのでこの辺は要検討ですね。

面白くなってきたぞ・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク