パイオニアデッキを組もう(赤単その1)

みなさんこんばんは、サヒーリ・コンボも一段落しましたので今日から赤単編ということで。

色々思案してお話できるメタがこのくらいしかないのでその辺りはご容赦頂きたく・・・。

まぁ私は赤単大好きマンなのでどのフォーマットでもまず赤単を検討するのが自分らしさというか執着しているだけというか・・。
(要するにチャンドラ使いたいんだろという突っ込みはさておき)

今日は第一回ということで赤単とはなんぞやというところから。

一般的に赤単のイメージはガンガン攻める「アグロ」と呼ばれるタイプのデッキ を想像されるかと思います。合ってます。
相手が体勢を整える前にライフをガンガン削って勝利をもぎ取る、それこそ赤単の真骨頂だと思います。

対戦相手が土地を並べている間にライフを削り、対戦相手は防戦一方というスタイル、ただアグロデッキは序盤の瞬発力こそあれど長期戦には向いていないのも事実。

クロック(クリーチャー)は小さいものが多いので相手が大きいクリーチャーを出されてしまうと除去をするのに苦労してしまうのも事実。

直近でのスタンダード環境においてはよりアグロ向けなデッキが隆盛しています。
ただ少し歴史を紐解くと赤単ミッドレンジなんてものも存在するのです。

今回はスタンダードではなくパイオニアでのデッキ構築、序盤から攻めてもよし、中盤からでも攻め続けられるようなデッキを目指していきましょう。

赤単のソースとしては
 クロック
 除去
 コンバットトリック
 マナ加速
 ドロー(青のドローとはまた違いますが・・・)
辺りが主な要素となってきます。

次回からはこのソース毎に代表的なカードをご紹介して、最終的にメインデッキを形にするところまで進めていければと思います。

しばしお付き合いいただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク