パイオニアデッキを組もう(赤単その3)

みなさんこんばんは、パイオニアデッキ構築赤単編第三回になります。

サヒーリ・コンボ編でも紹介しましたが、今回は除去(火力)について再度おさらいを。
赤単の場合、クリーチャーやPWを除去する以外にも本体直接火力という役割があります。

クリーチャーで殴りつつも火力を与えライフを削る。
ショック1枚で勝てたなんて事もままある事ですので重要なファクターだと思います。

まずは基本の火力2つから

ショックと稲妻の一撃、2点火力と3点火力になります。
どちらもAny Targetになりますので本体に直接火力を撃てるというのも強みであります。

次に同じAny Targetで3点火力でありながらも3マナ、ただし条件達成次第で1マナ3点火力(稲妻と同じ)になる強力なスペルです。

魔術師の稲妻は戦場にウィザードが出ていることが条件
批判家刺殺はそのターン中に本体にダメージが通っていることが条件(絢爛コスト)
となっていますので、赤単であれば状況次第では割と容易な達成条件になるかと思います。
絢爛コストにつきましては、クリーチャーで殴るもよし、火力で叩き混むもよし、ゴブリンの鎖回しによるダメージでもよし。
とにかく相手のライフが削られていれば大丈夫です。

次にマグマのしぶきと溶岩コイル
どちらも追放付の除去スペルになります。
対象はクリーチャーのみとなりますが、マグマのしぶきは1マナ2点、溶岩コイルは2マナ4点となります。

溶岩コイルについては4点と火力が高いものの、ソーサリーになりますのでご注意ください。
墓地に送っても戻ってきてしまうと面倒なクリーチャーにはこれらの除去が最適です。

ただし永遠神のように除去しても追放してもライブラリ3枚目に戻るような相手にたいしては追放効果は無力ですのでご注意を。

破壊除去という部分ではアーティファクト破壊や土地破壊などもあります。

グレムリン解放ではX個のアーティファクトをまとめて破壊できる上に、破壊した数だけのグレムリン・トークンを生成するという能力。
厄介なアーティファクトをまとめて破壊できる上に、トークン生成能力まで備わっている逸品。
アーティファクトを多用する相手にはうってつけのカードです。

地盤の裂け目は根本的に土地を破壊するという強力な除去。
他に破砕などもありますが、起動や誘発をされると厄介な能力の土地や多色環境で色を絞ってしまうような場合には有効なスペル。
少し重めなのが玉に瑕ですが、相手が黒緑のゴルガリカラーで黒を消してしまうことで相手の動きを制限してしまうなんて使い方も。

こちらは最新セットエルドレインの王権からの火力。
殺戮の火は3マナですが、赤単ならばほぼ一徹での詠唱になるのでAny Targetにインスタント4点火力と強力、序盤以外なら間違いなく活躍する火力。
焦熱の竜火はインスタント2マナ3点に加え、追放付き。
ただしプレイヤーは対象に取れないので除去としては優秀なものになります。

最後にちょっと特殊なものを。

丸焼きは2マナ5点でカウンターされないと強力ですが、対象が青もしくは白を持つクリーチャーかPWに限定されます。

削剥は選択型の除去になります。
クリーチャーに3点もしくはアーティファクトの破壊です。
アーティファクト・クリーチャーについてはアーティファクトとして扱えますので例え8/8のような大きな相手でも削剥で一撃除去が可能です。

神々の憤怒は全体3点を与えるソーサリー、相手が小柄なクリーチャーを横並びさせてきた時にはこれにて一網打尽。
加えて追放付きですのでリアニメイトする対戦相手には強力なこと請け合い。
ただし、全体3点ですので自クリーチャーも3点づつ被ることになるので使いどころにはご注意を。
赤単のクリーチャーであればほぼこれで壊滅してしまうので、自軍クリーチャーが横並びしていたらそれももろとも追放されてしまいます。

踏みつけはエルドレインの王権で登場したカードタイプ、出来事タイプのインスタント。
Any Target 2マナ2点なのですが、インスタントで唱えた後に追放領域に入りその後クリーチャー、砕骨の巨人として場に出せる1枚で2度おいしいカード。
両方唱えるのに5マナ要しますが、2マナの後3マナ4/3のクリーチャーを出すと考えれば全く無駄にはなりません、手札が1枚擬似的に多い感じになります。
ただし、クリーチャーとして直接場に出してしまうと後からインスタントとしては使用できないのと、インスタントで使えるのは手札からのみ。
追放領域からはクリーチャーとしてしか唱えることはできません。

苦悩火はX火力のソーサリー、X=5以上で唱えればカウンターもされない上にダメージ軽減もできないのでここぞという場面で本体火力を決める時にも有効です。

火力はどのエキスパンションでも優秀なものが揃っています。
想定相手に応じた内容、マナコストのものを選んで投入してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク