パイオニアデッキを組もう(赤単その6)

みなさんこんばんは、こうやって赤単記事を書きながらも自分のパイオニア赤単はさっぱりな私です。

どうにもこうにも余計な事を考える、考えれば考えるほどファンデッキになっていく・・・どうにもネタに走りたい性分なのかどうなのか。
まぁ少しでもオリジナリティあればなというのはありますが、それが強いんですかね、そんなもの強くてもデッキが強くなるわけではないというのに。

さて、前回からの続きで今回は5マナ超のクリーチャーをご紹介。

この域になってくるとドラゴンが増えてくるのがこれまた赤らしい。

  • 包囲攻撃の司令官 戦場に出ると1/1ゴブリントークンを3体生成。ゴブリントークンを2マナでサクると2点のダメージ。8ラブルやクレンコと併せてゴブリントークンシナジー形成も。ただしいずれも3マナ以降なので1マナ・2マナでもゴブリンを採用してゴブリンデッキにするというのも手
  • 猪の祟神、イルハグ 永遠神サイクルにおいてハゾレトが死んでないため永遠神となれなかった代わりに登場した赤の神。攻撃すると手札にあるクリーチャーを呼び出すという能力が、手札にドラクセスあればとんでもないことに。トリッキーな1枚。もちろん永遠神と同じく除去されようが追放されようがデッキトップ3枚目に舞い戻ってくる厄介な猪。
  • 炎の騎兵 M20の騎兵サイクルで登場した赤の騎兵。2マナでパンプアップと戦場に出たときのルーティング能力が赤にはありがたい能力。最後の墓地に行く代わりに追放することで得られる能力は赤単だと効果なしに等しいのが残念。小道や未開地などで能動的に墓地へ落としてデッキ圧縮でもすれば効果ありだと思いますがそこまで必要かどうか。
  • 嵐の息吹のドラゴン テーロスで登場した怪物化持ちドラゴン。怪物化に7マナと要求が高いですが、アイレンクラッグの秘儀なんていうとんでもマナ加速スペルをこれに使うのも一興。手札の多いコントロールには効果ありかと。何にせよプロテクション白を持っているのでバインド系エンチャントを考慮から外せるのは有り難い限り。
  • 栄光をもたらすもの アモンケットで登場した督励持ちドラゴン。督励の効果が任意のドラゴン以外のクリーチャーに4点飛ばすという強烈除去、多少大きめのクリーチャーでも除去して殴れるお強い味方。
  • スカルガンのヘルカイト 暴動持ちのドラゴン、4/4速攻かカウンター載せて5/5にするのか選択できます。暴動でカウンターを載せていれば4マナで2点飛ばせます、ただしこれ終盤に余ったマナで使う程度の能力なので。
  • 炎の大口、ドラクセス もう言うことなしでしょうこれ、ドラゴンの暴れん坊将軍とはこのこと、速攻がないのが玉に瑕ですがそんなのは速攻付けれる環境にしてしまえばいいのです、イルハグで呼ぶのが最強なのではないかと。

まだまだ他にも多くの優秀なクリーチャーがいますがざっと紹介させて頂きました。
やはり赤はクリーチャーが多い(殴る焼くのコンセプトなので当然と言えば当然かもですが)、軽量小粒のクリーチャーが主軸となりますので序盤からガンガンアタックして相手のライフを削りきるアグロ、ドラゴンなどのクリーチャーを採用し、中盤以降のフィニッシャーで一気に決めるミッドレンジなど赤単でもスタイルは様々です。

当然ながらアグロとミッドレンジではマナベースが変わってきます。
マナベースについては晴れる屋にてわかりやすい記事がありましたのでこちらに紹介させて頂きます。
少し前の記事ではありますが、基本的な考え方は今でも変わりませんので参考になるかと思います。

厄災赤単でほぼ1マナ2マナの世界なら18枚、通常のアグロデッキなら20枚、ミッドレンジならマナカーブにもよりますが24枚くらいまでは見ておいた方がいいでしょう。

単色デッキのメリットとしてダブルシンボル・トリプルシンボル・クアッドシンボルそんなもの関係ないない!というのも魅力のひとつ。
無色土地でも入れてなければ出れば赤マナ出ますので。

次回はエンチャント・アーティファクト・特殊土地などのご紹介をできればなと思います。
えっ、PW?そんなのチャンドラがいるんです、どうせ無駄に長くなるにきまってます。
というわけで別枠予定・・・
(いつになったらデッキの形になるの?)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする