2019年11月18日 禁止制限告知

みなさんこんばんは、というかおはようございます。

禁止改定告知ありましたね、公式からの発表はこちら

皆さんの大方予想通り一部斜め上な結果ではなかったのかなという個人的な感想。
まずは禁止となったカードをご紹介

スタンダード

王冠泥棒、オーコ
むかしむかし
夏の帳

以上3枚となりました、オーコとむかしむかしは発売から禁止までの期間が46日で歴代2位という話です。
(最短は記憶の壺の45日だそうです。出展:晴れる屋動画

まぁオーコについては今更語るまでもないでしょう・・・。なるべくしてなったというか。
むかしむかしについては確かに緑一辺倒なメタバランスなのは確か。
出てくるのはシミック・バント・スゥルタイなどとにかく緑は入ってます。
そんなバランス修正するにはこのくらいは必要という見解。
世界を揺るがすもの、ニッサも禁止になるんじゃないかと正直思ってたくらいです。
夏の帳は同様の見解ですが、先週パイオニアでも禁止された部分ではあるので今回の禁止には加わると予想しておりました。
スタンダードOKでパイオニアNGというのも変な話ですので。

ブロール

王冠泥棒、オーコ

これに関してはブロールもスタンダードのカードプールとなるので当然禁止処置でしたね、というかアリーナで先行して禁止されてたのに合わせた形にしましたという見解、確かに。

夏の帳とむかしむかしのブロールについては1枚しか入らないから影響は少ないという事でいいんですかね。

レガシー

レンと六番

ついに来てしまいましたか、ティムールデルバー席巻し過ぎた影響でしょうか。時間の問題かなとは思っていましたがモダンのホガークにレガシーのレン六、モダンホライズンはかなりいい意味でも壊れた意味でも影響がありすぎたということですかね。
そうなると次回モダンホライズンは出るのであろうかというのが正直なところ。

マスターズを終了させてまではじめたモダンホライズンでしたが、またマスターズに戻るのではないかと思わせてしまう結果になりましたね。

ヴィンテージ

覆いを割く者、ナーセット

ヴィンテージでも制限がありましたね。
ヴィンテージは実際やっていないので想像でしかわかりませんが、ナーセットの常在能力がドローを阻害する=ヴィンテージでの高速なマナ展開及びドローを阻害しヴィンテージプレイに影響を及ぼすという解釈みたいです。

確かにプレイを見ているとあれでナーセット即着地されたら目も当てられませんからね。
3マナPWなので先手1ターン目着地したら後手はどうすれば状態になりかねませんし。

雑感ではありますが、今回の発表はスタンダード・レガシー・ヴィンテージ・ブロール・・・。
パイオニアは同日ですが別途発表?(一週間サイクルに則って)ということでしょうか。
そこも気になる所なんですが。

追記:今週のパイオニアでの禁止の変更はなしとの発表がありましたのでご報告まで。公式発表はこちら

これでスタンダードで禁止になったオーコがパイオニアに流れ込んで来るとパイオニアでも禁止にされてしまいそうな予感。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする