パイオニアを考えつつアリーナ

そろそろ受付が始まりそうな予感のMF名古屋パイオニア、何のデッキにするのか悩ましいところですが、戦略的に私の頭で成立しそうなのが赤単程度の単細胞なのが悲しいところです、みなさんこんばんは。

というわけでアリーナでも色々な赤単回してみました。

・赤単アグロ
・赤単フェニックス
・赤単厄災
・赤単ドワーフ
・赤単ゴブリン
・赤単チャンドラ

うーん、どれも変われど同じなのですよね。
カードプールの限界もあるせいか、奇抜性は出るものの戦略としては画一的。

これがパイオニアになったら変わるのかといわれるとそうでもないですとしか言いようがないのですが。

いかに手早く相手のライフを削るかしか勝負所はないのかもしれません。
ミッドレンジで耐えてとも思うのですが、相手によってはミッドレンジの域に達するまでにこちら側が対処されてしまう予感しかないのも事実。

良くも悪くも武器は火力のみですから。

先日赤単デッキ構築ガイド的なものを掲載させて頂きましたが正直その頃とは私の頭の中の様相も変化してきております。
単体除去・全体除去を警戒しつつも(警戒といっても除去られてリスタート前提にはなりますが)、いかに横並びして圧倒するかしかないんですよね。

基本赤単は除去りやすいクリーチャー満載ですので。
昨日のパイオニア神挑戦者決定戦でも黒単優勢なのも気になります。
まぁ信心ランプが半ば潰えた緑単は落ち着きましたが。

結局の所横並びエンバレスが有効なのは有効。
そう考えると赤単体でもエルドレインのカードは強いなという印象。

回して成熟させることを考えるとあまり時間はなさそう。
ジェスカイコントロールとかも考えてはいるんですがね、どうも戦法が古めかしさを感じざるを得ない、そして対処される未来しか見えない。
困ったもんだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク