パイオニア 禁止改定(2019年12月2日)

みなさんこんばんは、パイオニアフォーマット5回目の禁止告知が発表されました。
公式発表はこちら

今回禁止となるのはこちら

死者の原野はランプデッキによるコントロールデッキの抑圧
むかしむかしはこのカードによる緑支配からの解放
密輸人の回転翼機は黒単をはじめとするアグロデッキの抑制

とのことですが、死者の原野潰したらオーコ大暴れになるのは明らかなのでは・・・。
むかしむかしで抑制しますよと言いたいのでしょうが、結局ガチョウオーコでシミックベースがパイオニアでもトップメタになる予感しかしません。
スタンダードでもそうだったのですが、明らかに原因が解っているのにどうしてオーコ一発禁止にしないのかと問いたいところですね。
むかしむかしにより確実に土地かクリーチャーかPWが入る事で手札が盤石になりはしますが、早期にオーコが着地することがダメなのではなく根本的にオーコの性能がダメなのでは?と思う次第。

黒単にコプターは先日も語りましたがルーター能力がマッチし過ぎててダメなのでこれは然るべき結果かと。
墓地から釣り上げるのが常套手段の黒にとってルーターは手札を整えるばかりでなく意図的に墓地に落とせるので尚更ダメなのではないかと。
赤単にコプターが入っているケースも多く見られますが、赤単は墓地に落としたらそれが戦場に帰ってくるケースは正直稀な話で、ショックや乱撃斬が秘儀術師で再利用できると言ってもルーターで落とすくらいなら撃って落としますしね。
重くてすぐに使えなさそうなカードをルーターで落とすのが一般的、やったとしても弧光のフェニックスを意図的に落とすくらいではないかと。

黒単が強かったのもハンデスに加え、コプターで手札を整えつつ墓地へ送りたいものは送ってしまうという一石二鳥状態でしたからそれは強いかと。


個人的感想ですが、これで死者の原野が禁止され、コプターも禁止された今シミックフードがどれだけ隆盛してくるか見物ですね、トップメタに上がって居座る様であれば夏の帳を禁止にしたタイミングでオーコも禁止してしかるべき存在だったのではと思います。

これでこれまでに禁止されているもの含めて計12枚が禁止対象となりました。

これでまたエネルギーが隆盛したら霊気池辺りが禁止されるんでしょうかね。

度々口にしているかもしれませんが、パイオニアがトップメタ抑制の禁止制限による虚無フォーマットにならないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク