ジャッジ褒賞プロモカード公開

博識のフクロウをデザインに入れるというのはなかなかいい考えだと思うのですが、結構賛否両論あるみたいですが私には縁のない話なのではと思いつつ興味を持つ悲しさ、みなさんこんばんは。

ジャッジアカデミーより2020年度のジャッジ褒賞プロモが一部公開されました。
全部で10種あるようですが、公開されたのは4種類。

悟りの教示者
呪文探求者
悪魔の教示者
ギャンブル
この4種になります。

それぞれ初出が
悟りの教示者 ミラージュ
呪文探求者 バトルボンド
悪魔の教示者 アルファ
ギャンブル ウルザズ・サーガ
となっており、ほぼレガシーカードではありますが近年追加されたバトルボンドよりも抽出されている辺りが心憎いですね。

こうして初出カードとイラスト比較してみると、悪魔の教示者だけは非常に対照的。
ある意味ジャッジ褒賞版の方が裏があるようなないような意味深な感じがあって一番惹かれました。

大会では欠かせないジャッジ、ジャッジそのものに興味はあるのですがそこまで正確にルーリング対処ができるかどうかはとても自信がありません。
まぁ私がジャッジになるなんて事はないような気がしますが、Lv1ジャッジでも取得すれば今よりは正確なプレイングができるだろうなという。

どちらかというとガバプレイなのではと自覚している訳で。
いずれにせよどうやったらジャッジになれるんでしょうかね。

ジャッジもジャッジアカデミーが設立されて組織が変わった部分もありますからこれを機に目指してみるのもありかもしれませんね。

どうでもいい話ですがこのフクロウ、 Archie the Owl とあったので男の子の様ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク