本年も一年間ありがとうございました

いよいよ2019年も最終日となりました。
はやいものでこのブログを稼働させたのが今年の元旦、なんだかんだで一年間毎日投稿達成できました。

何か残せるような物ができたのかと言われるとかなり疑問なのですが、毎日続けられたことはこれからの糧になるのではないかと思っております。

今年最後の内容はテーロス還魂記から占術土地のご紹介。
こちらはChannel Fireballに掲載されておりました。

占術ランドといえば、基本セット2020にて再録されたのですがエルドレインの王権で残り半分が再録されるかと思ったのですがそこは再録されずで行方が気にはなっておりました。

そして残り半分はテーロス還魂記にて再録されるようです。

神殿だけにテーロスなのかと今思えばなるほど的な。
ここまできたらニクソスも再録してくれると有り難いですね。

タップインの代わりに占術1という占術ランド、1ターン目から動けない多色デッキにとっては有り難い一枚、ショックランドのように2点ペイすることで動けるメリットとは異なり必ずタップインというデメリットの代わりに占術1というメリットを与えるタイプの2色土地。

早いターンから動く要求がされるアーキタイプでは辛いところですが、コントロールなどのデッキなどでは次の不要手を回避できるというのは大きなメリット。

次回のテーロスでは多色環境が重視されているような気がするのでこれはこれでありじゃないかと思います。

エルドレイン以降、拡張カードがある程度常にある状況になるのでしょうか。
今回の占術ランドにも拡張カードが登場するようです。

まぁコレクターブースターも出るという噂ですし、今まで以上にその辺りカード収集的にも力を入れているようですね。

基本土地でもフルアートが投入されるみたいですし、土地にも拘りを持つ方は多いと思いますのでいいことではないかと思います。

何気に私も土地は結構拘りたいなと思っているタイプですので嬉しいですね。


話は最初に戻りますが、なんとか一年ブログを投稿し続けられました。
年末際ではありましたが、新たに初心者向け記事を開始したりとだらだらしたなんてことのないプレイ日記サイトから一歩前へ踏み出せたのかなと思います。

来年はその辺りも力を入れつつ、情報サイトのようなきめ細かな最新情報というのはなかなか難しいかもしれませんが、何かしらお役に立てるようなサイトにできればと思っておりますので過度な期待は禁物ですが、更なるサイトの前進に期待してください。

年末最後の投稿になるとは思いますが、マジックプレイヤーの皆様方良いお年を。
そして来年も当サイトをよろしくお願い致します。

今年一年ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする