MTGOでカードを集めよう(その1)(2020年1月版)

前回はMTGO(Magic Online 以下MO)の導入からアカウント作成までお話しました。

続いてはデッキを作成するために必要なカードの収集です。
なにはなくともアリーナのように最初から構築済デッキを用意してくれる訳ではないので、デッキ構築から始まります。
この辺りはテーブルトップと同じですね、カードを集めてデッキ構築。

テーブルトップでは店舗でカードを購入するか通販で購入するか、はたまたオークションサイトやフリマサイトで購入するなどありますが、オークションやフリマは高額カードなどは偽造カードの可能性もあるのでその辺りのリスクは考慮して購入しましょう。
その点ショップ購入の方が安心感があります。

さて話はMOに戻りますが、入手経路としては大きく3つ

 ストアで購入する
 リミテッド戦に参加してカードを入手する
 トレードによる入手

この3つがあるでしょう。
勝利報酬でのパックやチェストという話もありますが、まずはそれを達成するためにも最初はデッキを構築する必要があります。

ストアで購入する

これが一番手順が楽で早いのですが、テーブルトップのパック開封と同じで希望するカードが出るという保証はありません。
ですがテーブルトップと同じと考えるとそんなものかもしれません。
注意しておきたいのは、現状スタンダード環境しかストアでは購入できないということです。
この辺りはテーブルトップより厳しいです、テーブルトップでは店舗に絶版パックの在庫があれば購入できますが、MOではローテーションが完了すると購入ができなくなります。

ログインしてストアのタブを選択するとストア画面になります。
現在は
エルドレインの王権
基本セット2020
灯争大戦
ラヴニカの献身
ラヴニカのギルド
が購入可能です、パックの右上にある1:45とか1:67はfoil出現確率です。
MOではテーブルトップ同様foil概念があります、カードでは虹がかった感じで表示されます。

他に購入可能な物が
エルドレインの王権デッキビルダーセット
Magic Online チケット(通称:チケ、Tix)
となります、デッキビルダーセットはデーブルトップ同様、エルドレインの王権を含むスタンダードのパック4つ、基本土地100枚、スタンダードからのランダムカード125枚の構成となっており、お買い得な内容です。

最初に始めるに当たってはテーブルトップでもそうですが、この辺りである程度のカードが増えます。
(MOの場合、スタンダードのコモンが各2枚・アンコモンが各1枚は最初から用意されています)

アリーナとMOの大きな違いとしてはアリーナでは各4枚の所持上限がありましたが、MOではそれがありません。
極端な話、ショック200枚持ちたい(そんな人いない)と思えば200枚所持可能なのです。
(それについては後述致します)

あとはプレインズウォーカーデッキセットやブロールデッキセットなど最新エキスパンションの構築済みデッキも購入可能です。

今はそれに加えてモミールズ用のデッキも販売されておりますが。

購入方法は通販同様、欲しいものをカートに入れ右下のカード決済欄に決済情報を入力の後、チェックアウトすればコレクションに反映されます。
カード情報は記憶されませんので都度入力しましょう。

カードもそうですが、チケットも購入する機会が出ると思いますのでストアはある意味必須な場所ではないかと思います。

次回はリミテッド戦参加でのカード入手についてお話しましょう。
ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする