時期スタンダードでの挑戦

テーロス還魂記のカードが大凡紹介されたところで時期スタンダードの構想は決まりましたか?
私も色々考えてはいるのですが、一応3本立てで調整しようかなと。

・赤単
・ジャンドアリストクラッツ
・エスパーミッドレンジ

この辺りですね、赤単は私にとっては毎度の事なので通常進行。
現環境で最も力を入れたジャンドアリストクラッツは継続検討、ねこかまどのギミックが好きですので。
エスパーはいままで散々煮え湯を飲まされたのですが、敢えて挑戦してみようかなと。
ちょっと気になるシナジーもありますのでそこをうまく使おうかと。

赤単

割と現環境で赤単は鬼つよな訳でもありませんが、一定の強さは健在です。
アグロからミッドレンジまで割と豊富な展開が可能です。
厄災ベースの超アグロから、アイレンクラッグの秘儀からのドラクセスなど。
やはり気になるのはパーフォロス、速攻付けてくれるのは赤単にとって非常に有効。
パーフォロスの後にドラクセスとか出てしまえば勝ち筋でしょう。

パーフォロスの介入も中盤以降のX火力としてはありかと。
アナックスの勝利も4ターン英雄譚でエンチャント対策次第でサイドに入れるのもいいかなと。
ただし今度のエキスパンションはエンチャントがテーマのひとつでもあるのでそうそう簡単に4ターンも置かせて貰えないかな・・・。

ジャンドアリストクラッツ

現状からの改案としてはナイレア採用により、クリーチャー展開を早くできることとナイレアの介入があれば中盤以降の土地づまりを解消、デッキ圧縮に貢献できるかなと。
戦争の犠牲やリリアナ、ガラクなど採用しているパターンだと6マナ到達が確約されるので有り難い限り、ランクルなどの厄介な飛行クリーチャーに対しても有効なのでサイド候補かなと。
エレボスも期待なのだけど、結局の所ロークスワイン城で似たような事はできるのと割と基本構成パーツが多めなデッキではあるのでそちらが優先になるかと。

エスパーミッドレンジ

新カードからはタッサ、アショクが採用予定。
クノロスはメインでもいいけどサイド候補かな、でも警戒・威迫・絆魂は強い。
占術ランドも欺瞞と啓蒙の神殿が登場したので2色土地基盤もこれで安泰なのではという感じで。
タッサと裏切りの工作員は工作員が禁止になってしまうのではないかというリスクはありますけど・・・。


ここ最近はスタンダード環境か私の中では熱い!
パイオニアも熱いですが、やはり最新を追うことで下の環境への対応力も高くなるのではと勝手に思ってはいますが。

いよいよ間近になってきましたね、楽しみです。
ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする