スタンダードリーグ結果(2020/01/20)

テーロス還魂記が始まり、MOのリーグでもテーロス環境になってきました。
5-0リストの中にはラクドスサクリファイス、白単、アゾリウスコントロール、黒単、スゥルタイウーロ、ジェスカイファイヤーズ、エスパーヒーロー、スゥルタイランプが上がっていました。
公式及びデッキリストはこちら


ここ最近はジャンド型よりラクドス型の方が勢いがありますね、今回のデッキにクロクサはいませんでしたが、クロクサを組み込んでのラクドスサクリファイスもありかもしれません。
除去られそうになったらクリーチャーをあえてサクって墓地を肥やすなどの方法もありですかね。
ジャンド型もどうにか生かせないものか悩みどころです。

早速白単も上がっていました、エルズペスの脱出を利用したデッキですがサイドの中にはギデオンも。相手によっては一緒に殴る感じですね。
それにしても癒やし手の鷹がなんと優秀なことか、白いと大抵1マナ採用は鷹なんですよね大抵。
今回は入っていませんでしたが、ヘリオッド採用で鷹の絆魂を上げるというのもありなのかもしれません。

アゾリウスコントロールはクリーチャーが夢さらいのみの採用、インスタントではヘリオッドとタッサの介入が採用されていました。
中盤以降はアーデンベイル城でブロッカートークンを作れるのもライフ死守にはいいですね、夢さらいは6マナと重いですが出てしまえば絆魂に加えてカードを引けば+1/0、攻撃すればワンドロー、除去られそうならディスカードで呪禁といい働きをしてくれそうです。

黒単は終盤ではアスフォデルの灰色商人をサクって悪夢の番人でコピーを作って一気に勝利を決めるタイプですね。
除去も優秀なので今後黒単はスタンダードでも席巻するかもしれません。
中盤まで持ちこたえればこちらのものといった所でしょうか。

スゥルタイウーロは茨の騎兵、ジェイス、タミヨウを使って墓地を肥やし脱出コストを稼ぐタイプ。アショクが不採用なのは忠誠値を回復できないからでしょうか。割とスゥルタイだとアショクで墓地を肥やしそうなイメージでしたが、これはこれで新しい形かも。
ドルイドや成長のらせんもあり、マナも順調に伸ばせそうな感じですね。
除去が戦争の犠牲と少し重めでハイドロイド混成体も採用されているだけに必須な部分かもしれません。

ジェスカイファイヤーズは従来型ではありましたが、新環境でも通用する辺りはさすがです、ダブル騎兵にケンリスは健在ということでしょうか。
創案の火さえ出てしまえば土地がタップインだろうと関係ないですからその辺りは強いですね。

エスパーヒーローはテフェリーと今回のアショクが採用。
何気にアショクの作り出すトークンが2/3なのが厄介、赤使いとしては踏みつけやショックで除去できないだけに少し厄介です。
パーフォロスの介入かチャンドラの勝利、殺戮の火辺りがないと対処ができないので。稲妻の一撃がないのが地味に痛いですね。
奥義まで持って行かれるとこれまた厄介なので早めに対処したいPWであります。

スゥルタイランプも従来型ですが、健在でした。
除去に戦争の犠牲を採用し、ニッサ着地させてハイドロイド混成体で押し切るタイプですね。
ガドウィックも採用されているので手札の充実も問題なさそうです。
スゥルタイ型になって除去能力がプラスされている代わりにカウンター不採用となっていますのでパワー型に近い感じですかね。


スタンダードも環境序盤ということもあり、馴染みのあるデッキから新しいタイプへと変遷している感じが見受けられます。
常に変化し続けるスタンダード、この先も楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする