これからマジック:ザ・ギャザリングを始めようという方へ(その13)

前回に引き続きスタンダード環境での土地のお話です。
今回は前回の2色土地に対して、それ以外の特殊土地になります。
思った以上に特殊土地が多かったので2回に分けましょう。
今回はラヴニカのギルドから基本セット2020までをご案内。
(今年の秋にスタンダードローテーションから落ちる土地になります)

2色土地の話をまだ読んでないと言う方は以下からご覧ください。
たくさんある土地の種類、どのように使いこなせばいいのか参考になるかと思います。

これからマジック:ザ・ギャザリングを始めようという方へ向けて、自分なりの経験を元に最初に何をすればいいのかわかりやすく解説してみました。

スタンダード環境における特殊土地-1(2020年01月版)

特殊土地に関してはエキスパンション毎に収録されているものに傾向があるのでエキスパンション毎での解説をしていきます。

主にラヴニカのギルドと献身に関しては、合わせて超大型エキスパンションひとつみたいな感じですので、特殊土地もそのような感じになっております。

それぞれのエキスパンション(次元)では単色推奨環境・多色推奨環境というのが存在しますが、それも特殊土地を見るとその傾向が出ているのも特徴です。
(推奨環境といっても単色推奨環境で単色が強いとか多色推奨環境で多色が強いとかいう訳ではありません、ストーリー的に推奨というか組みやすさはあるのではないかと思います)

ラヴニカのギルド・ラヴニカの献身

上段がラヴニカのギルド、下段がラヴニカの献身に収録された特殊土地です。

ギルド魔道士の広場(レア)
調和の公有地(レア)
ギルド門通りの公有地(コモン)

以上が収録されており、コモンのギルド門通りの公有地はラヴニカの献身ではラヴニカのギルドからの再録となります、同じ土地です。

ギルド魔道士の広場

1マナタップで好きな色を1マナ出せる色事故対策土地。
1マナ余計に支払う必要があるデメリットの代わりに多色クリーチャーの為に好きな色マナタップをするとそのクリーチャーには+1/+1カウンターが1つ乗るというメリット付き。
クリーチャー以外にも使えますが、メリットはクリーチャーのみとなります。

調和の公有地

昨日お話した門シナジー土地となります。
まず、調和の公有地をセットランドする際に既に2枚のギルド門(種類は問いません)が戦場に出ていればそれだけで3点回復。
加えて、タップすると無色1マナか既に戦場に出ているギルド門の好きな色1マナを出せるというまさにギルド門あってこその特殊土地になります。

門シナジー以外ではメリットは発生しないので、土地の収集し易さからもギルド門シナジーははじめて組む多色環境には割と組みやすいデッキなのではないでしょうか。
ギルド門が全てタップインでテンポが悪い事を覗けば門シナジーそのものはそれなりの見返りを得られるシナジーでもあります。

ギルド門通りの公有地

タップインな上に、セットランドした際に1マナ支払わないとギルド門通りの公有地が墓地に行ってしまうというデメリット持ち。
最初にタップインで1マナ支払えばあとは好きな色1マナ出せると言う土地になります。
デメリットしかない辺りがコモン土地といったところでしょうか。

ただし、テーロス還魂記で「脱出」というキーワード能力が存在します。
墓地に送られた脱出持ちのカードは、墓地の指定された枚数を追放する事で戦場に戻せるというもの。
これを逆手に取るという方法もあります、土地は基本的にハンデス(ハンドディストラクション=手札破壊)によって墓地に送られるか、寓話の小道や進化する未開地、廃墟の地など(後述)による土地の効果で墓地に送られる以外で能動的に墓地へ土地を送る手段はありませんので、状況に応じて1マナ支払わずにギルド門通りの公有地を墓地へ送るという使い方もありますが、そのために採用というのはあまりお薦めではありません。

灯争大戦

総動員地区(レア)
カーンの拠点(レア)
爆発域(レア)
出現領域(アンコモン)
次元間の標(アンコモン)
ギルド門通りの公有地(コモン)

灯争大戦における特殊土地は、少しラヴニカのギルドと献身とは異なります。
コモン土地は共通ですが、それ以外の土地はかなり特殊。
プレインズウォーカーをテーマにした灯争大戦ならではの特殊土地をご紹介します。

総動員地区

第4版に収録された「ミシュラの工廠」にちなんでミシュラランドとも言われる種類の土地になります、それ以外にマンランドと呼ばれたりもします。

効果はタップして無色1マナを発生させる、もしくは4マナ支払って土地がクリーチャー化する特殊能力を持ちます。
4マナ支払って3/3警戒持ちのクリーチャーに、既に土地は戦場に出ているのでクリーチャー化しても召喚酔いはありません。
コツはソーサリータイミング以外、戦闘前に起動させること。
メインフェイズで起動してしまうとソーサリーで除去されかねませんので気をつけてください、クリーチャー化したものを失うだけでなく土地まで失ってしまいます。

更に支払う4マナも、戦場に伝説のクリーチャーやプレインズウォーカーが出ていればその数だけコスト軽減、クリーチャーとプレインズウォーカー合わせて4つ出てれば起動コストは0になるという優れもの。

プレインズウォーカーがたくさん登場するヒーローデッキとの相性は抜群です。

カーンの拠点

タップして無色1マナを発生させる、もしくは4マナ支払ってタップすると増殖を行います。
増殖とは既に乗っているカウンター及びプレインズウォーカーの忠誠度を全て1つ加えるというもの。
カウンターデッキやプレインズウォーカーデッキには効率のいい土地。
灯争大戦のプレインズウォーカーでアンコモンのものは基本忠誠度をプラスする能力を備えていないので、この土地を利用して忠誠度をプラスするということも可能。
テーロス還魂記のエルズペスも同じ様に忠誠度をプラスすることができないのでカーンの拠点を利用するという手もあります。
(エルズペスは脱出持ちなので、墓地へ行っても戻って来れますが)

爆発域

これはかなり特殊な土地、(X)(X)を支払う事でX個のカウンターが爆発域に乗ります。
3マナタップして爆発域を生け贄に捧げることで、カウンター分のマナコストのパーマネントを破壊するというもの。
例に挙げると対赤単厄災など、1マナクリーチャーを大量展開してくるデッキなら2マナ支払ってカウンターを1つ乗せ、3マナタップで生け贄に捧げると戦場にいる1マナクリーチャー全て破壊。
6マナ支払ってカウンターを3つ乗せ、3マナタップで生け贄に捧げると3マナクリーチャー・プレインズウォーカー・エンチャント全て破壊。

カウンターは一気に乗せる必要はありませんので、カウンターを3つ乗せたい場合は2マナを毎ターン支払って1個ずつカウンターを増やしても大丈夫です。

逆にこの土地を上手く利用するには、毎ターン1こずつカウンターを乗せて何マナを破壊したいのか悟らせないようにするのがコツ。
一気にカウンターを乗せると、次のターン対戦相手は警戒して爆発域のカウンター分のパーマネントは出さなくなってしまうかもしれません。
逆に次のターン、出されたくないパーマネントのマナコスト分一気に乗せてしまうという使い方もあり。
ただし中盤以降でないとそれは上手く機能しないのでご注意を。
(土地が出ていないのでカウンターを乗せるだけのマナを支払えませんからね)

出現領域

タップして無色1マナを発生させる、もしくは1マナタップで出現領域を生け贄に捧げることでソーサリーやエンチャント、クリーチャーやプレインズウォーカーを瞬速で唱える事ができるという土地です。

相手ターンに全体除去を唱えたり、クリーチャーをブロッカーとして出したりすることができます。
もちろん戦場に出た際の誘発能力を活かすことも可能。
ただし、1マナタップということは本来のコストに加え、1マナ必要な上に出現領域はその後なくなってしまうという制限があるのでその点は注意してください。
使いどころが難しくて微妙な辺りはアンコモンといったところでしょうか。

次元間の標

まさにプレインズウォーカーの為の土地と言っても過言ではない土地。
まず、次元間の標が戦場に出ているだけでプレインズウォーカーを唱えると1点回復。4枚次元間の標が戦場に出ていればプレインウォーカーを唱えるとなんと4点回復。
ポイントなのは「唱えると」、そのプレインズウォーカーがカウンターされてしまってもライフは回復します。
そして通常のタップして無色1マナ発生の他に、1マナタップしてプレインズウォーカーを唱えると異なる2色を発生。
つまり、プレインズウォーカーを唱えることだけに関してはマナ加速をするということ。(正確には1マナで次元間の標タップしてますから相殺ではあるのですが)
しかも異なる2色を出すというところが凄い。
極端な話、赤単デッキから次元間の標を使って時を解す者、テフェリーが戦場に出てくるとか言う殆ど意味がわからない状況すら作れるのです。
次元間の標が戦場に2枚出ていれば、龍神、ニコル・ボーラスだって唱えられてしまう・・・。
本当に灯争大戦を象徴する土地だと思います、アンコモンなのはプレインズウォーカー限定だからなのでしょう。
マナコストのロスがないという部分では正直レア級だと思うんですけどね。

ギルド門通りの公有地

ラヴニカのギルドからの再録、2回目の登場。
好きなイラストのものを使うもよし、バラバラにするもよしです。

説明は先程致しましたので割愛。

基本セット2020

基本セット2020での特殊土地は4つ、基本セットだけに動きが他の土地と大きく異なるのが特徴です。
色マナ系は1つのみとなります。

現在、死者の原野はスタンダードにおいて禁止カードに指定されているため、使用することができませんのでご注意ください。

ここでは収録された土地の紹介ということで禁止カードではありますが、紹介させて頂きます。

睡蓮の原野(レア)
死者の原野(レア)
謎めいた洞窟(アンコモン)
進化する未開地(コモン)

睡蓮の原野

アルファから存在するマジック:ザ・ギャザリング最強のカードとも言われる「Black Lotus」を意識して作られたカード、イラストに睡蓮が描かれているだけにデザインを意識されます。

Black Lotus はそもそもが土地ではなく0マナのアーティファクトです。
タップしてBlack Lotusを生け贄に捧げると好きな色のマナ1色を3マナ出せるという、1度限りの豪快なマナ加速。何もないところからいきなり単色3マナが発生するというカード。

それを意識した睡蓮の原野はデメリットとしてタップイン、そして戦場に出ると2枚土地を生け贄に捧げなければなりません。
メリットとして次のターンからタップすると好きな色単色3マナを発生するという土地に。実質2枚土地を生け贄に捧げているので効果としては相殺なのですが、なんと土地に呪禁が着いているということ。
ランデス(ランドディストラクション=土地破壊)の対象に取れないという大きなメリットがつきます。
基本セット2020の騎兵サイクルのようなトリプルシンボルを採用しているデッキでも睡蓮の原野さえあれば、どの騎兵でもどんとこいと言うことです。
もちろん単色デッキでも使用可能、テンポが損なわれるので採用されることはあまりないとは思いますが、3マナがタップしやすくなります・・・。

流石に戦場に出たときに生け贄がなかったら神話レア以上というか禁止カードまっしぐらですよね・・・。

死者の原野

現在スタンダードにおいて禁止カード、使用できません。

死者の原野はかなり特殊な土地、条件達成すれば継続的にトークンを生成し続ける土地です。

タップして無色1マナ発生させるところまでは普通の特殊土地なのです。
異なる名前の土地を7つ以上コントロールしていると土地が出るだけで2/2のゾンビトークンを生成します。
死者の原野が4枚戦場に出ていて条件達成していれば土地が出るだけで2/2ゾンビが4体。

とにかく名前の違う土地を7枚戦場に出しさえすればセットランド(マナコスト0)で2/2クリーチャーを出せるという土地です。

長期戦になればなるほど有利な上、コントロールデッキなど尽く潰されてしまい極端なアグロデッキや序盤から盤面制圧できるプレインズウォーカーデッキ以外勝利できないというゲームの偏重が発生したため、現在は禁止カードに指定されています。

謎めいた洞窟

これまた土地とは思えない動きを実現する土地。

タップして無色1マナ発生させるところまでは普通の特殊土地。
なんと土地を5つ以上コントロールしている時に1マナタップさせて謎めいた洞窟を生け贄に捧げるとカード1枚ドロー。

マナフラッド対策としては優秀だと思いますが、5つ以上コントロールしていないと起動できない辺りがアンコモン。

この制限がなければレア土地で、手札の充実化を図れる感じなのですが本当にマナフラッド(土地しか来ない)対策程度にしかならない辺りがアンコモン。

率先して採用する土地ではないと思いますが、マナフラッド対策として採用するのはありかもしれません。

進化する未開地

フェッチランドのひとつ。フェッチランドとは Fetch Land =取って来る土地、すなわち自信を生け贄に捧げて特定の土地を戦場に出せる土地になります。

進化する未開地はマナを発生させることができません。
その代わり進化する未開地を生け贄に捧げることで基本土地を1つライブラリから戦場に直接出すことができます。
ただし、戦場に出した土地はタップインとなる辺りがコモンたる所以です。

基本的にフェッチランドの起動は相手ターンのエンド前に行うのが基本。
何故なら相手ターンのエンド時に起動することでタップインで戦場に出た後すぐにターンが返ってきてアンタップされるからです。

次回で説明させて頂く「寓話の小道」は同じフェッチランドではありますが、土地を3つコントロールしていればアンタップインというメリットがある為、レアとなっております。


現スタンダード環境における特殊土地、第一回目ではありますがいかがでしたでしょうか。
特殊土地というだけあって、通常の土地では考えられない効果を持つものばかりです。

気づいていらっしゃる方もいるかとは思いますが、好きな色マナを出せるという色マナに絡んだ土地(正確には3色以上のマナを発生できる土地)は内枠が金、それ以外のトリッキーな動きの特殊土地(正確には無色しか発生できない土地)については内枠がグレーとなっております。

特殊土地の判別に役立てばと思います。
次回はエルドレインの王権及びテーロス還魂記で収録された特殊土地のご紹介です。

なおこの記事を最初から読んでみたいなと思って頂けたら最初の記事のリンクを載せておきますので是非ご覧になってください。

これからマジック:ザ・ギャザリングを始めようという方へ向けて、自分なりの経験を元に最初に何をすればいいのかわかりやすく解説してみました。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする