2020年3月9日 禁止制限告知

先週の予告通り、3月9日に禁止制限告知が発表されました。
公式発表はこちらから
2020年3月9日 禁止制限告知

今回対象となるフォーマットは

・ヒストリック(アリーナのみ)
・ブロール
・モダン
・レガシー

となっております。
以下私見を述べさせて頂きながらのご紹介です。


ヒストリック

・往還泥棒、オーコ
・むかしむかし
・夏の帳

これに関しては既にテーブルトップのパイオニアフォーマットで既に禁止されているカードですので、近いうちに来るのだろうとは思っていましたが一次停止扱いからヒストリックを本格的に稼働させるにあたって禁止指定されたのではないかと思います。

なお、一次停止扱いはそのほかに死者の原野があったのですがそちらは禁止指定はされておりませんので使用可能になります。

幽霊街もヒストリック・アンソロジー2で収録されるので対策カードはあるといえばあるのですが、廃墟の地と幽霊街をそれぞれ4積みするレベルの対策が必要ではないかと思うので、はたしてこれが現実的なのかどうかという部分も考えられます。
(結局は割るまで無色が8枚ということになりますからね)

様子をみますということですので、あまりにもコントロールキラー再発なようであれば今後の禁止指定も十分考えられると思います。

ブロール

・不屈の巡礼者、ゴロス

ゴロスに関してはカードに5色全ての表記がある関係上、ブロールでの制約となっている色縛りがないという点で制約がないことと戦場に出たときにライブラリより土地をタップ状態で出せるという部分、これがブロールのコマンダー領域に戻す際の2マナペナルティの意味が薄れてしまうと言う部分で禁止となりました。

確かにゴロスをコマンダー指定すればカード制約はなくなりますね確かに・・。
ある意味盲点ではありましたが、気がついていらっしゃる方も多かったようでブロールでの1割はゴロスが占めていたとの事です。

モダン

・むかしむかし

これもパイオニアで禁止指定された際にモダンはいいの?と危惧されたカード。
やはりパイオニアよりマナコストが軽くなるモダンでもダメでしたという結果。

結局の所、下の環境になればなるほど「初手にむかしむかしがあればマナコストを踏み倒して唱えられる」という部分、そしてそれがライブラリトップ5枚からクリーチャーか土地を選んで手札に加えていいと言う内容。

初手で唱えるならほぼ間違いなく土地を持ってくると思います、それは多色デッキにとってマナ基盤を安定させるというもの凄く大きな役割を担っています、そして中盤以降であればクリーチャーをサーチできるのでクロックを絶やすことなく手中に収められるというのはモダンではなおさら大きなアドバンテージ。
クリーチャーでなくともヴァラクートなどの土地も持ってこれる訳ですので。

レガシー

・死の国からの脱出

レガシーでの「ロータスブリーチ」の一翼が禁止となります。
死の国からの脱出・思考停止・ライオンの瞳のダイヤモンドによる相互作用、そして名前にもなっている睡蓮の花びらや思案、定業、渦巻く知識といったスペルからぶどう弾でフィニシュというストームデッキだったのですが、当初グリクシス型からオアリムの詠唱や静寂・沈黙・セヴィンの再利用などが採用されるジェスカイ型へと変化し、発展途中のデッキではありました。

台頭して、席巻される前に禁止されるという珍しく早い禁止タイミングではありましたが、こちらも以前より危惧されていたカードではありました。

そう考えると散々席巻したオーコとはえらく違う対応だなと言う印象は免れないですね、まぁレガシーは選択肢も多いですからその辺りも考慮にいれての処置だったのではないかと思います。


以上のカードは

テーブルトップ発効日:2020年3月10日

Magic Online発効日:2020年3月10日

MTGアリーナ発効日:2020年3月12日

この日より禁止となります、今まで使用されていた方はご注意ください。


今回禁止告知には入りませんでしたが、パイオニアについてもヘリスタコンボやディミーアインバーター、ロータスブリーチについて言及がありました。

今回は環境の健全性が保たれていると判断されたのか、お咎めはなしということでした。
確かにスタンダードのように常に変化し続けているパイオニアの感がありますので、特定のメタが強すぎるもしくは対処が厳しいという判断にはならなかっということでしょう。

ただ懸念はしているとのコメントでしたので、今後の状況によってはまた対応があるのかもしれません。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク