イベント 決起と反乱

今回の作業場イベントはヒストリック構築対戦になっております。
用意された3種類のデッキから選んでの対戦となります。

参加費無料のイベントで、1勝すれば報酬が貰える参加するだけお得なイベントです。

構築済みデッキまで用意されているのでアリーナをはじめたばかりの方でも気軽に参加できる内容になっております。


デッキ紹介

翼と爪

2 癒やし手の鷹
3 サンホームの重鎮
1 戦凧の匪賊
3 帆凧の海賊
3 封じ込め
3 順風
2 風と共に
3 分散
2 ペガサスの駿馬
2 刃の教官
2 縄張り持ちの槌頭
2 帝国のエアロサウルス
1 残骸の漂着
2 セラの天使
1 軍勢の光
1 法をもたらすも者、アゾール
1 突き刺すケラトプス
1 原初の潮流、ネザール
10 平地
10 島
4 曲がりくねる川
1 氷河の城砦

翼と爪はアゾリウスカラーのデッキになります。
飛行クリーチャーを巧みに操り相手のライフを削っていきます。
飛行クリーチャーならブロックされる確率も下がるので優位に戦えそうですね。
そしてフィニッシャーにはアゾールやネザールも控えています、フィニッシャーまで到達する前に相手ライフを削り切れる気がしちゃいますが。

原初の憤怒

3 ラノワールのエルフ
3 ショック
1 苦悩火
2 猛竜の幼生
2 僧帽地帯のドルイド
3 稲妻の一撃
2 激情の猛竜
3 エルフの再生者
3 ドラゴンの信奉者
2 巨大な威厳
1 針歯の猛竜
1 カル・シスマの恐怖、殺し爪
2 暴走の騎士
2 突進するモンストロサウルス
2 突進するタスコドン
1 原初の嵐、エターリ
1 殺戮の暴君
1 銀まといのフェロキドン
1 ペラッカのワーム
9 山
10 森
1 根縛りの岩山
4 森林の地溝

原初の憤怒はグルールカラーのデッキになります。
恐竜シナジー及び、殺し爪などを利用して高コスト呪文のコスト軽減をしながら出せれば最適です。
エターリやペラッカのワームといった大型フィニッシャーも揃い、除去も充実しているデッキです。

永遠の口渇

2 アジャニの歓迎
2 制覇の時
2 悪夢の渇望
3 アジャニの群れ仲間
3 司教の兵士
1 贖罪の聖騎士
2 軍団の副官
2 駆り立てる僧侶
1 輝かしい天使
3 流血の空渡り
3 殺害
1 レオニンの戦導者
1 聖域探求者
1 ヴラスカの侮辱
3 饗宴への召集
1 信仰の伝令
2 血の美食家
1 吸血鬼の君主
1 薄暮の勇者
10 平地
10 沼
1 孤立した礼拝堂
4 放棄された聖域

永遠の口渇はオルゾフカラーのデッキになります。
吸血鬼などの絆魂クリーチャーとアジャニの群れ仲間を展開し、アジャニの群れ仲間をサイズアップさせて戦いましょう。
また騎士シナジーも搭載しているので吸血鬼と騎士とを上手く活用して一気に畳みかけましょう。
血の美食家と聖域探求者のドレインシナジーも両者揃えばかなりなもの。
ライフレースに有利なデッキだといえるでしょう。


今回はグルールデッキを選択、対戦相手はオルゾフでした。
恐竜シナジーとマナコスト軽減・マナクリ活用が鍵のデッキですが殺し爪が出るとペラッカのワームも出しやすくなります。暴走の騎士が出ると恐竜が出しやすくなります。
激昂はそのクリーチャーがダメージを受けて誘発する能力なので、ブロック誘発をうまく利用しましょう。

今回は土地も2色土地がほぼタップインといずれも早くは回せない感じのデッキで、フィニッシャー以外はパワーカードが少ない代わりにそれぞれデッキ特性に合わせたシナジーを搭載しているのでそれぞれのデッキを使ってみて「カード同士の相乗効果」を体験してみてください。

私の今回の報酬は聖堂の鐘憑きでした。
久々にこのイベントでジェムじゃなかったな・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク