新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)に関するWoCの動向

先日公式より発表があった話ですが、日本国内においては直接触れるものではなかったのでスルーしていたのですがここ数日の経緯を見ているとそうも言ってられない状況になりつつあるなと感じましたので一応この場でもご紹介致します。

IN-STORE PLAY SUSPENDED IN NA, EU, AND LATAM

こちらは3月23日(現地時間)付で発表された内容なのですが、タイトルを訳すと

北米、ヨーロッパ及びラテンアメリカにおいて店内プレイの一時中止

ということです。
要するにウィザーズが北米(アメリカ合衆国・カナダ)とヨーロッパ全域及びラテンアメリカのショップにおける店内プレイを3月24日~5月10日の期間を設け中止要請をしたということです。

日本はアジア太平洋地区に属するのでこれには該当しないのですが、昨今のニュース事情を考慮すると日本国内でも同様の措置が執られる可能性はゼロではないのかなと思い始めました。

既に大型イベントのマジックフェストは中止続きとなっており、5月中旬以降についても正直不透明な状況。
プレイヤーズツアー シーズン2の予選も今後の予定は全て中止という状況。

国内ではショップさんによって現状対応は様々ですが、プレイする場がなくなってはとこの状況下でもショップ大会を開催して頂けるショップさんもいらっしゃいます。

何が正しいというのは難しいですし、答えなんて結果論であって正直ないといってもいいかと思います。
大会が開催できないとなれば、ショップさんにとっても打撃は倍増でしょうし通販を取り扱ってらっしゃるショップさんでも店舗開設されてらっしゃる所ではやはりお客さんに来て頂きたいのが本心だと思います。

ただ、アメリカ・ヨーロッパではウィザーズが期間を決めてプレイ中止要請をするほど状況は深刻な状況。
クラスター感染源として報道されれば槍玉に挙げられるのも見え透いた状況ですので最終的にはショップさん判断に従うまでの事ではありますが、公式より中止要請があれば従わざるを得ないという部分もあるのではないかと思います。
(総合TCGショップさんなどではマジック以外のプレイはOKですよということになるとは思いますが)

大きな所ではMF北九州は中止となり、この分だと夏の神戸もどうなるのか心配です。
あまり心配ばかりしていても仕方のない所ではありますが、ちょっと楽観視できる状況でもなくなってきたのかと思っております。

テーブルトップでプレイされる方は、感染対策だけはしていきましょう。
感染したくなくても自己防衛はしておかないと、感染の可能性を下げることはできません。
また、多人数・近距離・閉鎖空間という条件を満たしてしまう内容でもありますので細心の注意をはらってプレイに臨むようにしましょう。
(個人的には精神衛生上、プレイ禁止をするより万全を期してプレイする派です)


現に対象地区ではイコリアのプレリリースイベントも全面中止と決定されていますので、国内ではプレリリーズイベントが開催できることを祈りましょう。
早期収束を祈ります。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク