イコリア:巨獣の棲処 マスタリー及びゴジラバージョンについて

先日、公式よりアリーナ上でのゴジラバージョンの扱い及び次のイコリア環境でのマスタリーの発表がありました。

公式はこちらから
MTGアリーナ:『イコリア:巨獣の棲処』マスタリーシステム・ガイド
MTGアリーナ:ゴジラシリーズカード・スタイルの入手方法

『イコリア:巨獣の棲処』マスタリーシステムについて

概要説明

  • 『イコリア:巨獣の棲処』 最大30パック
  • 『イコリア:巨獣の棲処』マスタリーオーブ 最大5つ(『イコリア:巨獣の棲処』マスタリーツリーでカードスタイルと交換できます)

マスタリーパスについて

プレオーダーされているマスタリーパスを購入された方は以下の内容の報酬が実装時に入手できます。

マスタリー報酬ペット:イコリアの仔

 イコリアのクリーチャーたちは進化が激しく、あらゆる環境に適応し、そして中には……途方もなく可愛らしいものもいます。今回は以前のように「レアリティ」を上げていくのではなく、ペットを「変容」させていきます。

アバター

  • 「銅纏いののけ者、ルーカ」のアバター

カードやスリーブ

  • 「巨大ザメ」基本スリーブ
  • カード・スタイル 25個
  • マスタリー・オーブ 25個(『イコリア:巨獣の棲処』マスタリー・ツリーでカード・スタイルと交換できます)
  • 神話レアの個別カード報酬 10枚
  • ブースターパック 20パック(『ラヴニカのギルド』4パック、『ラヴニカの献身』4パック、『灯争大戦』3パック、『基本セット2020』3パック、『エルドレインの王権』3パック、『テーロス還魂記』3パック)
  • 「イコリアの仔」ペットの変容を4つ追加
  • レベル70:豪華版スリーブ(「豪華版スリーブ」はカード・スリーブに視覚効果が付いたものです)
  • レベル80以上:アンコモンの個別カード報酬(20枚に1枚の割合でレアリティが上がります)

ゴールドとジェム

  • 4,000ゴールド
  • 800ジェム

イベント参加チケット

  • ドラフト参加券

マスタリーレベルの最大値はレベル80に

『イコリア:巨獣の棲処』マスタリーの最大レベルは80です。
レベル60までの報酬はすべてのプレイヤーが受け取れますが、レベル80以上の報酬はマスタリーパスをご購入いただいたプレイヤーのみ受け取れるそうです。

これについては期間の関係で最大レベルを落としたという話みたいです。


そもそも前回の告知でマスタリーは終了しますと言っていた説明はどこへいってしまったんでしょうという感が拭えません。
ペットやトロフィーもかなり形骸的アイテムになってしまっているのでこの辺りはどうにかした方がいいのではと思います。
(コレクションとしての課金を求められてると言われれば何も言えませんけど)

私は幸い該当しませんが、前回の終了告知で慌てて残りのレベルをジェム課金された方はちょっと可哀想だと思いますよこれ。

ゴジラバージョンのスタイル入手方法

『イコリア:巨獣の棲処』のパックセットを購入する

『イコリア:巨獣の棲処』のパックを6パック以上セット購入するたびに、ゴジラバージョンカードスタイルが手に入ります。

  • 6パックセット:ゴジラバージョンカードスタイル1個
  • 15パックセット:ゴジラバージョンカードスタイル3個
  • 45パックセット:ゴジラバージョンカードスタイル9個
  • 90パックセット:ゴジラバージョンカードスタイル18個
  • プレオーダーの「プレイ・セット」:ゴジラバージョンカードスタイル10個(4月16日までの期間限定販売)

『イコリア:巨獣の棲処』のリミテッドイベントに参加する

『イコリア:巨獣の棲処』のリミテッドイベント(ランク戦ドラフト、マッチ・ドラフト、シールド)に参加するたびに、通常のイベント報酬に加えてゴジラバージョンカードスタイルが1つ手に入ります(勝利数は関係ありません)。

「怪獣王、ゴジラ」のカードスタイルについて

ボックス購入特典プロモカードである「怪獣王、ゴジラ」はゴジラバージョンしか存在しないため、これを手に入れる方法は他と異なります。

  • 45パックセットまたは90パックセット(MTGアリーナにおける「ボックス」に相当)を購入すると、この「ボックス購入特典プロモカード」が手に入ります(45パックセットは1枚、90パックセットは2枚)
    これが「怪獣王、ゴジラ」となります。
  • MTGアリーナに実装されている他の「ボックス購入特典カード」と同様に、「怪獣王、ゴジラ」もワイルドカードで作成できます。(ヒント:このカードの正式なカード名は「力の具現、ジローサ」であるため、作成の際はそちらで検索する必要があります。)

これに関してはスタイル投入でいいのではないかと思います。
フルスポイラー公開終了で疑問符が出てましたが、「力の具現、ジローサ」って一体何なんでしょうね。
ジローサのカードが存在しないのであれば、ゴジラを正式名称にすればよかったのではないかという事であり、混乱を招くだけの要因。
アリーナでもこういった弊害が出てしまっているので、今後のコラボでのこのやり方は見直す方向でいいのでは。
それこそ特殊セット対応とかして頂きたく思います。

スタンダードエキスパンションでのコラボレーションは最初で最後であって頂きたいかなというのが個人的な意見です。

マジックに興味を持っていただく意味では今回のコラボは成功かもしれませんが、難解化しつつあるシステムに輪をかけるような方法はどうなんでしょうか。
既にイコリア自体が本来の目的とは別のベクトルの購入意欲に押しつぶされないことを祈るばかりです。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする