イベント 力と栄光

今週も作業場イベントがやって参りました。
今回はブロールの構築済みデッキによる対戦となっております。

勿論今回も無料参加で報酬付きとなっております。

デッキ紹介

怪物の厄災、チュビル

統率者
1 怪物の厄災、チュビル

デッキ
1 金のガチョウ
1 巨大化
1 石とぐろの海蛇
1 エレボスの介入
1 オルゾフの処罰者
1 イリーシアの女像樹
1 クロールの銛撃ち
1 楽園のドルイド
1 苦悶の悔恨
1 強行突破
1 狂気の一咬み
1 戦茨の恩恵
1 秘儀の印鑑
1 大食のハイドラ
1 残忍な騎士
1 打ち壊すブロントドン
1 力線をうろつくもの
1 エルズペスの悪夢
1 永遠獣の突撃
1 連帯
1 鎖を解かれしもの、ポルクラノス
1 不死の騎士
1 移動経路
1 夜の騎兵
1 茨の騎兵
1 怪物の代言者、ビビアン
1 採取/最終
1 巨大猿、コグラ
1 凶暴な見張り、ガーゴス
1 再来
1 豆の木の巨人
1 茨のマンモス
1 隕石ゴーレム
1 終末の祟りの先陣
1 グレートヘンジ
1 ロークスワイン城
7 沼
1 ギャレンブリグ城
9 森
1 ゴルガリのギルド門
1 ジャングルのうろ穴
1 疾病の神殿
1 草むした墓
1 寓話の小道
1 統率の塔

ゴルガリ(黒緑)カラーによるデッキです。
クリーチャーを前面に押し出すタイプのデッキで、除去には格闘などで対応します。

マナ加速要素もあるので上手く回れば大型フィニッシャーを早い展開で出せるかと思います。
ビビアンはカード構成(クリーチャーのマナコスト)を把握していない状況であればプラスにての対応が無難でしょう。

雷の頂点、ヴァドロック

統率者
雷の頂点、ヴァドロック

デッキ
1 神々の思し召し
1 選択
1 ショック
1 両生共生体
1 ラゾデプの板金
1 驚くべき発育
1 無神経な放逐
1 ヤヤの挨拶
1 禁じられた友情
1 溶岩コイル
1 裁きの一撃
1 秘儀の印鑑
1 海駆けダコ
1 伝承のドラッキス
1 彼方見
1 翼ある言葉
1 炎の反乱
1 王神への敬意
1 都市侵略
1 ラウグリンの水晶
1 幼獣守り
1 つぶやく神秘家
1 空召喚士ターランド
1 永遠羽のフェニックス
1 嵐の伝導者、ラル
1 思考の旋風
1 完全/間隙
1 飛びかかる岸鮫
1 夢尾の鷺
1 サイクロプスの電術師
1 巨獣の激突
1 解任/開展
1 万全/番人
1 サメ台風
1 見事な根本原理
2 平地
4 島
3 山
1 啓蒙の神殿
1 神聖なる泉
1 イゼットのギルド門
1 急流の崖
1 蒸気孔
1 天啓の神殿
1 凱旋の神殿
1 聖なる鋳造所
1 風に削られた岩山
1 ラウグリンのトライオーム
1 ギルド門通りの公有地
1 寓話の小道
1 進化する未開地
1 統率の塔

ジェスカイ(白青赤)カラーのデッキです。
スペルを駆使して、手札を洗礼し効率よく相手を畳みかけましょう。

飛行クリーチャーもいるので空からのアドバンテージを活かしましょう。
除去も揃っているので盤面を制圧して優位な状況に持ち込みましょう。

序盤の凌ぎ方が鍵かもしれませんね、どちらもそれほど早いデッキではないので。


今回はチュビルをチョイスしてみました。

初手からビビアンがあったのは助かりましたね。
ヴァドロックが3/3飛行なので基本鹿に到達付けるのを常駐させるようにすればなんとか。

結果としてはポルクラノスまで出る形になりこの上ないくらいで勝利できたのでよしとしましょう。

勝利報酬は珍しくレアカード、「日和見ドラゴン」でした。
みなさん気軽に参加してみてくださいね。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする