先週のスタンダード動向

めまぐるしく変化するスタンダード環境ですが、今回のイコリアによりかなりの変貌を遂げているのはみなさんお気づきかと思います。

やはり相棒、サイクリング、変容の各メカニズムが取り入れられたデッキがよく見受けられる現状、そんな中でもよく採用されているアーキタイプをご紹介していこうと思います。


サンプルデッキリスト

ジェスカイサイクリング

Mainboard
4 ドラニスの癒し手
4 ドラニスの刺突者
4 繁栄の狐
4 雄々しい救出者
4 願い与えの加護
1 轟音のクラリオン
4 踏み穴のクレーター
4 血の希求
2 型破りな協力
1 否認
4 驚くべき発育
4 天頂の閃光
1 エンバレス城
4 神聖なる泉
1 山
3 平地
3 ラウグリンのトライオーム
4 聖なる鋳造所
4 蒸気孔

Sideboard
3 轟音のクラリオン
2 軽蔑的な一撃
2 丸焼き
3 墓掘りの檻
1 夢の巣のルールス
2 神秘の論争
2 否認

ルールスを採用したサイクリングメカニズムのデッキです。
サイクリングで「繁栄の狐」を育てながらも「ドラニスの癒し手」でゲイン、「ドラニスの刺突者」で相手にダメージを飛ばし、「雄々しい救出者」でトークン生成して横並びさせて展開。
ルールスが着地すればこれらは墓地に落ちても唱え直せるオマケ付と結構スピーディーで早い展開のデッキです。

サイクリングは起動能力なので止めるのが難しいので早々に、クリーチャーを除去して裁いていくか、カウンターをしない限りは盤面制圧された後なかなかひっくり返すのが難しい相手です。

バントコントロール

Mainboard
1 裏切りの工作員
1 厚かましい借り手
4 自然の怒りのタイタン、ウーロ
2 覆いを割く者、ナーセット
2 伝承の収集者、タミヨウ
4 時を解す者、テフェリー
2 霊気の疾風
3 ドビンの拒否権
2 エルズペス、死に打ち勝つ
4 成長のらせん
3 神秘の論争
2 中和
4 海の神のお告げ
4 サメ台風
3 空の粉砕
2 物語の終わり
4 繁殖池
2 ヴァントレス城
4 寓話の小道
2 森
4 神聖なる泉
3 島
2 平地
4 寺院の庭
4 啓蒙の神殿
4 神秘の神殿
4 豊潤の神殿

Sideboard
1 敬虔な命令
1 ドビンの拒否権
1 エルズペス、死に打ち勝つ
1 本質の散乱
4 ガラスの棺
3 秋の騎士
1 神秘の論争
1 空の粉砕
1 時の一掃
1 空を放浪するもの、ヨーリオン

こちらはヨーリオンを採用したバント型とコントロール。
盤面を裁きながら、「海の神のお告げ」「エルズペス、死に打ち勝つ」「裏切りの工作員」などをヨーリオンでブリンクさせて更なるアドバンテージを獲得していくコントロールデッキです。

バント型なので火力こそ全体除去くらいなのですが、タミヨウやウーロなど採用されているのでサーチ能力や土地を伸ばしつつゲインするなど長期戦になるとかなり強いタイプのデッキになります。

ジェスカイファイヤーズ

Mainboard
2 裏切りの工作員
4 秘儀術師のフクロウ
4 太陽の恵みの執政官
4 魅力的な王子
1 空を放浪するもの、ヨーリオン
4 覆いを割く者、ナーセット
4 時を解す者、テフェリー
2 轟音のクラリオン
4 エルズペス、死に打ち勝つ
4 創案の火
4 鍛冶の神のお告げ
4 海の神のお告げ
2 メレティス誕生
4 寓話の小道
4 神聖なる泉
5 島
1 山
4 平地
4 ラウグリンのトライオーム
4 聖なる鋳造所
4 蒸気孔
3 啓蒙の神殿
4 天啓の神殿

Sideboard
2 敬虔な命令
2 墓掘りの檻
4 神秘の論争
4 サメ台風
2 空の粉砕
1 空を放浪するもの、ヨーリオン

こちらは同じくヨーリオン採用のジェスカイ型のコントロール。
バント型と戦略としては似通ってきますが、序盤で通しがちの「メレティス誕生」で確実に土地を増やしながら、「創案の火」が着地してしまえば重い呪文が毎ターン2回。

ファイヤーズなのでカウンターこそ搭載していませんが、テフェリーとナーセットをうまく裁かないと盤面を制圧されてしまいますのでその辺りがポイント。

ヨーリオンでPWブリンクしてしまえば忠誠度は元に戻りますのでそこも難儀ですね。

ラクドスサクリファイス

Mainboard
4 大釜の使い魔
4 どぶ骨
2 災いの歌姫、ジュディス
4 波乱の悪魔
4 鋸刃蠍
4 囁く兵団
4 悲哀の徘徊者
4 初子さらい
4 紋章旗
4 魔女のかまど
4 血の墓所
3 ロークスワイン城
4 寓話の小道
4 山
7 沼

Sideboard
2 反逆の行動
1 魔性
2 ドリルビット
2 不遜な歓楽者
1 真夜中の死神
1 獲物貫き、オボシュ
2 ファリカの献杯
3 朽ちゆくレギサウルス
1 無頼な扇動者、ティボルト

オボシュ採用のラクドスサクリファイス。
「魔女のかまど」「大釜の使い魔」「波乱の悪魔」によるサクリファイスシナジーはそのままにオボシュを着地させてしまうと飛んでくるダメージも倍増するというたちの悪いサクリファイスデッキ。

「災いの歌姫、ジュディス」による地味なパワー底上げとサクった時に飛んでくるダメージも実にいやらしいのです。

アグロ系にも強いところがこのデッキの強みですね。

ジェスカイミッドレンジ

Mainboard
4 裏切りの工作員
2 砕骨の巨人
2 厚かましい借り手
3 魅力的な王子
3 迷い子、フブルスプ
2 帰還した王、ケンリス
4 軍勢の戦親分
4 軍団のまとめ役、ウィノータ
4 時を解す者、テフェリー
2 孵化
4 急報
4 寓話の小道
4 神聖なる泉
2 島
1 山
2 平地
4 ラウグリンのトライオーム
4 聖なる鋳造所
4 蒸気孔
1 沼

Sideboard
2 霊気の疾風
2 解呪
2 ドビンの拒否権
2 本質の散乱
2 墓掘りの檻
3 神秘の論争
1 ヴァドロックの神話
1 徴税人

ジェスカイ型のウィノータ採用ミッドレンジです。
「軍団のまとめ役、ウィノータ」により呼び出す人間クリーチャーをケンリスか王子か工作員に絞り込んで効率よく能力を発生させ、相手を圧倒させます。

ウィノータの能力を十分に発揮させるために「軍団の戦親分」も採用されています。戦親分の代わりに3マナチャンドラを採用しているタイプも見かけますね。

ウィノータはカウンターしておかないと登場後の処理はかなり大変になります。

グルールファイヤーズ

Mainboard
4 樹上の草食獣
4 炎の騎兵
2 水晶壊し
3 クオーツウッドの壊し屋
3 探索する獣
4 変容するケラトプス
1 打ち壊すブロントドン
1 さまよう怪物、イダーロ
2 怪物の代言者、ビビアン
1 冒険の衝動
1 エンバレスの宝剣
1 火の予言
4 創案の火
1 焦熱の竜火
3 眷者の居留地
8 森
3 ケトリアのトライオーム
6 山
4 踏み鳴らされる地
4 奔放の神殿

Sideboard
2 炎の一掃
1 墓掘りの檻
1 孤児護り、カヒーラ
3 虚空の力線
3 神秘の撤回
1 ヴァドロックの神話
2 焦熱の竜火
2 打ち壊すブロントドン

カヒーラを採用したグルール型のファイヤーズデッキです。
「クオーツウッドの壊し屋」がフィニッシャーとなるのですが、ビビアンによる強化や「水晶壊し」の変容によるトランプル付与、終盤ではイダーロによる速攻とかなりパワーの高いデッキになっています。

火力では対処しにくいサイズが揃っているので全体除去もしくはカウンターがあるデッキでないと押し切られる可能性が高い相手になります。

ジェスカイファイヤーズ

Mainboard
4 裏切りの工作員
4 銅纏いののけ者、ルーカ
4 覆いを割く者、ナーセット
4 時を解す者、テフェリー
4 轟音のクラリオン
4 エルズペス、死に打ち勝つ
4 創案の火
4 イルーナの神話
4 海の神のお告げ
4 サメ台風
4 メレティス誕生
3 アーデンベイル城
2 ヴァントレス城
3 寓話の小道
4 神聖なる泉
2 島
4 ケトリアのトライオーム
2 山
4 平地
4 ラウグリンのトライオーム
4 聖なる鋳造所
4 蒸気孔

Sideboard
3 霊気の疾風
2 ドビンの拒否権
4 ガラスの棺
4 神秘の論争
1 焦熱の竜火
1 空を放浪するもの、ヨーリオン

最後はジェスカイ型のファイヤーズデッキ、ヨーリオンが採用されているところまでは先のジェスカイファイヤーズと同じですが、こちらは更に「銅纏いののけ者、ルーカ」を採用。
より「裏切りの工作員」を出しやすく作ってあります。
もちろんサクるのは「サメ台風」で生成したトークンで。
トークンなら追放しても影響はほぼなしという・・・。


いかがでしたでしょうか、ジェスカイファイヤーズはケルーガ採用型もまだまだ見かけますが、ここ最近ではヨーリオン採用型が多く見られるようになりました。

オボシュによるラクドスサクリファイスの強化などやはり相棒は手札8枚スタート同然の話なのでデッキの条件さえ合えば採用(というか条件に合うように組んでくるんですよね)という状況。

これからも日々変化していくであろうスタンダード環境、次々と進化していく様は今まで以上のものを感じます。

環境についていくのも大変ではありますが。
下の環境でもやはり相棒は採用される傾向なので、スタンダードに限らずここ最近のエキスパンションは影響力高いものが多いなと言う印象です。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする