2020年5月18日 禁止制限告知

先日予告のあった通り、禁止制限告知が発表となりました。
今回の対象はヴィンテージ・レガシー・ブロールとなっております。

公式発表はこちらから
2020年5月18日 禁止制限告知

ヴィンテージ

夢の巣のルールス 禁止

やはりレガシーという低マナ構成のフォーマットにおいては相棒としての条件が相当緩くなり、墓地より再利用可能という能力も相まってほぼ採用されてしまいメタゲームを偏ったものになってしまったことが原因とされています。

また、通常ヴィンテージであれば制限となるのですが制限しても相棒として8枚目の手札として採用可能であることから制限による効果はないと判断され禁止となりました。

ヴィンテージで禁止というのは極めて異例な事です。

レガシー

夢の巣のルールス 禁止
黎明起こし、ザーダ 禁止

ルールスに関してはヴィンテージ同様、アーキタイプにおける採用の容易さ及び採用率の異様な多さが結果を物語り、アーキタイプでは覆せない状況に陥っているために禁止となったようです。

ザーダに関しては厳かなモノリスと合わせて採用され、デメリットがデメリットにならないほどの効果を発揮しメタゲームに悪影響を及ぼすと判断に至り禁止となったようです。

レガシーに関してはいずれもカードスポイラー当初から懸念されていた事項であり、発売当初に猛威を奮ったジャイルーダと異なり対処が容易ではないことが大きな要素だと思います。

ブロール

ドラニスの判事 禁止
軍団のまとめ役、ウィノータ 禁止

ドラニスの判事に至っては、何故ルーツリーと同時に禁止にならなかったのか不思議なカードです。ブロールでコマンダーが唱えられないというただのシングルトンに陥れる能力が見過ごされていたのはどうかと思う結果です。

ウィノータは能力によるデッキの多様性及び戦略性が失われ所謂「ウィノータガチャ」と呼ばれる何が飛び出してくるか解らないが強いクリーチャーが釣れたらラッキーという状況となり、ブロールでのフォーマット意図にそぐわないと判断され禁止となったようです。


もし相棒デッキのメタゲーム内のシェアが大きいことによる長期的な健全性の問題の兆候が見られた場合、相棒メカニズムの機能の変更を含めた行動を起こす準備があります。

2020年5月18日 禁止制限告知

またこのようなコメントも見受けられました。
そもそも相棒がもうダメですと半分認めてしまっているコメントに見受けられますが、既にサイドボードから直接唱えられる時点でダメなのではと発売前より懸念されていた事項がそのままコメントに挙がるというのはメカニズムのデザインが明らかに問題ありと言わざるを得ないのではないでしょうか。

アジアでは先行して発売されたこともあり、全世界では発売されたばかりのものですので、早々にスタンダードで対処されるというのはないとは思いますが(来月の時点では何かしらスタンダードでも禁止がでると思っています)それはイコリア以外のカードで対処されると予想されます。

現状スタンダード・パイオニア・モダンにおいては今回発表はありませんでしたが、来月また一波乱ありそうですね。

前代未聞と言われたエルドレインのオーコを超えそうな逸材もいるわけですし。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする