イベント コモンの魅力

今週も作業場イベントがやって参りました。
今週のテーマはコモン構築済みデッキ対戦、アリーナで言うところのヒストリックパウパーに該当しますね。

テーブルトップのパウパーはエターナル環境となるので既存のコモンカードを使用することが出来ますが、アリーナではヒストリック範囲で実装されているコモンカードまで使用することが可能です。

今回は構築済みデッキによる対戦ですので、構築の心配は無用です。

デッキ紹介

力のオーラ

4 敬虔な旅人
4 ケイラメトラの恩恵
1 歩哨の目
4 卓絶した特使
4 平和な心
4 セテッサ式訓練
3 戦茨の恩恵
4 ヘリオッドの巡礼者
1 アーデンベイルの戦術家
4 祖先の仮面
3 ナイレアの先駆け
9 平地
8 森
3 セレズニアのギルド門
4 花咲く砂地

セレズニア(白緑)カラーのデッキになります。
名前通り、オーラをクリーチャーに貼り付けて強化しながら相手を圧倒するデッキになります。

キーになるオーラは祖先の仮面、クリーチャーとしては敬虔な旅人と卓絶した特使でしょうか。

卓絶した特使は飛行クリーチャーなのでブロックをされにくいのとオーラの呪文コストが下がるのでより強化しやすく。敬虔な旅人は対象クリーチャーをオーラを唱えればそのターン強化してくれる特徴があります。

ナイレアの先駆けは出せるまで時間を要するので微妙なところです。

除去が平和な心しかないのも心許ないですが、強化したクリーチャーはケイラメトラの恩恵で守れるよう常にマナを残すことが肝心です。

オーラを貼ったクリーチャーをバウンスや除去されると貼り付けたオーラが全て無に帰しますので。

スペルスリンガー

3 静かな旅立ち
4 選択
3 ショック
4 突破
4 燃え立つ予言者
4 窯の悪鬼
2 禁じられた友情
2 氷の女王
4 呪文喰いクズリ
4 呪文喰いの奇魔
4 心を一つに
7 島
7 山
2 忘れられた洞窟
2 イゼットのギルド門
4 急流の崖

イゼット(青赤)カラーのデッキになります。
こちらは呪文を唱えることでクリーチャーをパンプアップして相手を圧倒するタイプ。

力のオーラと似ているかと思いますが、あちらはオーラを貼った分だけ除去されなければ恒久的に上がるのに対し、こちらはそのターン毎で瞬間的に上がる要素が大きいです。
呪文喰いの奇魔に関してはカウンターが乗っていくので除去されなければ恒久的になります。

オーラを貼り付ける前にショックで相手クリーチャーを焼き払う、もしくは静かな旅立ちで強化したクリーチャーを手札に戻し、貼られたオーラを根こそぎ墓地送りにするなどのアクションが取れます。

窯の悪鬼と燃え立つ予言者でパンプアップを図り、呪文喰いクズリをフィニッシャーとしてうまく活用していきましょう。

平和な心は静かな旅立ちで外すことも出来ますので相手の盤面と照らし合わせてうまく使い分けましょう。


私はマッチアップ的に決して有利ではなさそうな力のオーラを選択。

卓絶した特使をオーラで強化しつつ、ケイラメトラの恩恵で守りながら空から打点を与えていくスタイル。
クズリや奇魔は平和な心で押さえ込む方が吉です。
窯の悪鬼は戦茨の恩恵で除去していく方向がお薦めです。

今回の報酬は「彩色の灯籠」が頂けました、作業場でレアカードは珍しいですね。

全てコモンなのでお互いのデッキパワーが高くない分、今あるカードをどのように上手く活用していくのか見極めるのが勝利の秘策だと思います。

相手のデッキも構成が解っているのでどのような出方をしてくるのか予想して対処してみましょう。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする