パイオニアデッキを組もう(サヒーリ・コンボその1)

みなさんこんばんは、来年早々のMF名古屋がパイオニアフォーマットということもありパイオニアのデッキを考えない訳にはいきません。

とはいえ、私が復帰したカラデシュ・ブロック以降はともかくそれ以前の知識がかなり欠乏しております。
モダンの時もそれに悩まされたわけですが・・・。

この先の禁止はさておき、やはり組んでみたいのはまずは2つ。

・サヒーリ・コンボ
・赤単

この2つでしょうかね。

今日はとりあえずサヒーリ・コンボで。

やはりこのサヒーリ・ライと守護フェリダーのコンボ、禁止されるのではないかと予想されますが今のうちにということで。
幸いにも揃っているということもありますので。

要するにサヒーリの能力で守護フェリダーをコピー>サヒーリ・ライを明滅>サヒーリの忠誠値が戻る>再度守護フェリダーをコピー・・・
という無限コンボであります。

禁止された当時とちがうのはやはりこれでしょう。

このダブルハg・・失礼しましたテフェリーですね。
時を解す者、テフェリーは常在能力が既にアウト級。
インスタントタイミングを殺してしまいますので、対戦相手が対処できません。
ドミナリアの英雄、テフェリーはプラスでドローしつつ土地2枚アンタップしてカウンター構えて対処できますし、繰り返して奥義持っていけばそれだけで・・。

ジェスカイカラーにさえしてしまえばこちらもの。
以前は4cサヒーリなどはよくありましたが、緑を入れる必要・・・。
そうなると黒入れてバント要素にしたほうが・・・。

と考えると多分デッキ60枚で収まらないです、まぁジェスカイベースで考えてみましょう。

コントロールベースとなると思いますので、除去とカウンターが必要ですね。

カウンターはマナ効率はよくないものの、ドビンの拒否権のような打ち消されない確定カウンターから呪文貫きのような1マナカウンターまで結構あります。
モダンと違い、異様なマナ加速はそこまでないだろうと思われますので。

除去に関しては白もあるのでエンチャントの対処もできますし、削剥が使えるによりアーティファクトへの対処も容易になるのではないかと思います。
火力は1マナ3点の稲妻は使えないものの、稲妻の一撃をはじめショックや溶岩コイル、丸焼きなどが使えるのでなんとかなるのでは。
マグマのしぶきも使えるようになりますね、3点追放復活。

あとはクリーチャー枠をどうするか。
コントロールベースと考えるとジェスカイなのでドレイク系かフェザー・秘儀術師辺りで1マナスペルを使い回せるようにするのがいいのかな?

正直デッキビルダーとしては素人以下なのでなにかいい案あればと。
どうにも思考が短絡的なので・・。
よくエレメンタルが多少オリジナリティもたせながらも今でもそこそこ使えるようになっているなと思ってるくらいです。

全然関係ありませんが、死者の原野禁止になるからサイドから破砕外すか・・・。
代わりに何入れようかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする