パイオニアデッキを組もう(サヒーリ・コンボその3)

みなさんこんばんは、まさかこのシリーズが続くとは自分でも想定外でありまして・・・。
手っ取り早くデッキビルダーさんによるパイオニア向けのデッキ紹介の方が強くて早いとは思います正直・・・。

私の場合、シンプルな考え(要には単細胞)のもとに難解な能力を避けてしまう傾向が。
督励とか復帰したての頃は難解でしたね。

さて、今回はスペルというかカウンター編ということで。
全ての呪文を網羅した訳ではないですが、RTR~ELDまでざーっと見通してきました。

結局のところ、よく使われる呪文は再録されているものが多いというわけです。

この辺りが代表的な例になるかとは思いますが、コストは2マナから4マナ域のカウンターということになります。

取り消しは所謂確定カウンターの代表格
3マナの代わりに条件なしでカウンターが可能。

否認と本質の錯乱も確定カウンターの代表格
2マナと軽くなる代わりに、それぞれクリーチャーかクリーチャー以外かに用途が限定される。

火消しと巻き込みと中略は非確定カウンター
相手に追加マナ要求を行い、それが不可能または支払わなければカウンター。
中略はその要求マナをバリアブルに対応できるので、後半でもマナが余っている状況であれば確定カウンターに近い事が可能。

骨を灰には4マナと重い確定カウンターですが、ドロー能力もあるのでそれに見合うかどうかの判断。

巻き戻しはクリーチャー以外の限定カウンターですが、土地をアンタップできるというメリット付き。
再度またカウンターや除去を構える事も可能。

それ以外にも追加能力や用途限定の代わりにコスト軽減だったり様々なカウンターが存在します。
一応全てパイオニアでの範囲内の呪文になるのでこれらの呪文をどれだけ・どのように配置するのかが課題となります。

クリーチャー及び除去枠も考慮するとなるとある程度絞る必要があります。
スタンダードと違い、エルドラージなどの無色が存在する事を考えるとこの際にサイドボード候補のカウンターも考慮しておく方がいいかと思います。

基本はコレ、相手がこんな場合はコレみたいな。
まぁサイドボード構築の基本的な部分だとは思いますけれども。

この中でも
呪文貫きは火消しをクリーチャー以外の用途限定としたことで1マナ
侵襲手術はソーサリー限定、払拭はインスタント限定とすることで1マナ
と1ターン目に構えられる最軽量級カウンター。
除去と共に1マナスペルは重要になるかと思いますので考慮すべき部分であると思います。
特に先行であれば、相手の出鼻をくじく事も可能というのはアドバンテージ。対応出来ないうちにダメージ負わせるアグロデッキとの違いですね。

あくまでもゲームをコントロールして最終的にサヒーリ・コンボで勝利を勝ち取るという部分になりますので。

今日もまた長くなっちゃいましたね、明日は除去編になるのかな?
(いつになったら完成するんだこのデッキ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする