パイオニアデッキを組もう(赤単その4)

みなさんこんばんは、MF名古屋も終わりいよいよ次のMFではありましたが、名古屋(というか名古屋連続開催なんですねこれ)ではついにパイオニアフォーマットでの開催です。

というわけで私のパイオニアデッキを組もうシリーズも役に立つのかも!
(役に立つと言うよりみんな知ってるでしょこれは・・・)

まぁそんな事はないなと思いながらも今日からは赤単クリーチャー編です。

赤単にとって火力に並ぶというかそれに劣らないというか最重要ファクターがクリーチャーです。

速攻による早い展開からミッドレンジによるフィニッシャーまで様々なものがあります。

代表的なカード紹介を多分2回で済むかなくらいで分けてご紹介。
(もしかしたら3回になるのかも)

後で整理しやすいようにマナコスト毎にご紹介していきます。

まずは1マナ域

  • 僧院の速槍 速攻、果敢持ちの1マナクリーチャー、2ターン目以降本体に火力を打ち込んでから攻撃するとなんと2/2として攻撃可能。
  • 損魂魔道士 こちらも果敢持ちの1マナクリーチャー、速攻こそありませんが戦闘以外のダメージを受けたクリーチャーは-1/-1修正を受けるというオマケ付き。ゴブリンの鎖回しとのコンビネーションは凶悪、2/2クリーチャーはその時点で退場。
  • 狂信的扇動者 前の環境でもお馴染みだった速攻1マナクリーチャー。追加マナ要求されずにサクると1点ダメージは大きい。チャンプブロックも無駄にしない優秀さ。
  • ギトゥの溶岩走り ウィザードの1マナクリーチャー、墓地にインスタントかソーサリーが2枚あれば2/2・速攻に化けます。
  • 焦がし吐き 速攻こそありませんが、攻撃をすると攻撃対象に対し1点ダメージが飛ぶオマケ付き。
  • ブリキ通りの身かわし 1マナ速攻持ちのクリーチャー、1マナ支払うことでブロックされることなくダメージが通るので最後の一押しとか序盤のブロッカー無視など用途は様々。
  • 熱烈な勇者 速攻・先制攻撃持ちのクリーチャー、騎士シナジーがあり他の騎士を攻撃時に+1/0してくれます。熱烈な勇者が4体並ぶと4/1・速攻・先制攻撃とかなり凶悪。
  • ボーマットの急使 こちらは速攻持ちのアーティファクトクリーチャー、攻撃時にデッキトップを裏向き追放するという特徴があり、1マナ支払って手札を捨てボーマットの急使をサクると攻撃したときに追放したカードがハンドに戻るというチャンプブロックはしない方がいいクリーチャー。ただし除去耐性はないのでそこはご注意を。ハンドを使い切ったら即サクって手札補充は当時の赤単ではよく見る光景でした。
  • ジンジャーブルート こちらもアーティファクトクリーチャー、1マナ追加で支払うと速攻持ち以外にはブロックされないという能力、そして序盤過ぎたらフードトークンと同様に2マナでサクれば3点ゲインという中盤以降も無駄になりません。

続いて2マナ域

  • 戦慄衆の秘儀術師 1/3トランプル持ちとトランプルが通るブロッカーがなかなかいませんが、序盤のブロッカー及び能力である墓地にあるパワー以下のマナコストのスペルをマナコスト踏み倒しで詠唱可能というオマケ付き。ショックをバンバン撃っても秘儀術師で再利用可能、カウンターが載れば稲妻の一撃なども再利用可能、ただし1度再利用されたスペルは追放されます。
  • 雷族の呼び覚まし 秘儀術師と並ぶ再利用クリーチャー、こちらは墓地に落ちてる自身のタフネス以下のタフネスを持つクリーチャーを戦場に呼び戻し、攻撃終了後墓地に戻ります、もちろん呼び出されたクリーチャーは戦場に出た際に誘発する能力を持っていれば再度誘発致します、攻撃対象もそれぞれ選べるのでなかなかに手強い1枚。
  • 燃えさし運び 2マナのゴブリン、1マナ支払ってサクると2点ダメージ。ショックの代わりやチャンプブロックした際にサクってダメージを飛ばすという使い方も。
  • ヴィーアシーノの紅蓮術師 戦場に出た時にプレイヤーもしくはPWに2点ダメージを飛ばす能力持ち。2/1と頭でっかちなので序盤チャンプブロックしても相打ち取れる可能性は大。秘儀術師と合わせれば攻撃するたびに2点飛ぶことに。
  • 大歓楽の幻霊 モダンでも活躍する2マナクリーチャー。3マナ以下の呪文を唱えると唱えたプレイヤーに2点飛ぶという能力付き。ただし自分が3マナ以下を唱えれば自分にも飛んできます。赤単ミラーマッチや他の単色デッキの様に3マナ以下を多用する相手にはとんでもない1枚、攻撃されつつ唱えてもダメージを食らいます。ただし自身も対象なのでダメージカウントは怠らずに。
  • 地揺すりのケンラ 2/1サイズの速攻クリーチャー、戦場に出たときパワー以下のクリーチャーによってブロックされないというオマケ付き。加えて除去されても終盤には6マナ支払うことでゾンビの4/4サイズになって還ってきます。しかも今度はそのターンパワー4以下にブロックされないという、スタンダード当時は2マナの座を揺るぎないものにしていた1枚。
  • 遁走する蒸気族 現在スタンダードでも活躍中のお馴染みクリーチャー、赤の呪文を唱えるとカウンターが最大3個乗り、そのカウンターを除去することで3マナを得るという疑似マナ加速クリーチャー、4/4のサイズで攻撃するもよし、3マナを得てもうひと唱えするもよし。
  • 過酷な指導者 2マナ2/2と標準サイズな上に、相手が戦場にあるクリーチャー・アーティファクト・土地のマナ能力でないものを起動させるとそのプレイヤーに2点飛ぶという能力付き。

結局1マナ・2マナ域でこの量になってしまいましたか・・・。
まだ他にも優秀なクリーチャーはいるので、自分に合ったもしくは使ってみたいクリーチャーを起用するのもありだと思います。
赤単は回してみて納得いかなければクリーチャーを入れ替えて色々試せるのも面白い所だと思います、結構練習し甲斐があるというか。
思ってたより使えた能力、そうでなかった能力色々あると思いますのでたくさん試してみてください。
それがスタンダードならぬパイオニアの醍醐味。
モダン以下になると今度は少々重いクリーチャーは使いづらくなってしまいますのでその辺り赤単はパイオニアが熱いと勝手に思ってます。

明日は3マナ・4マナ域のご紹介ということで。
思ったより少なければ5マナ以降もご紹介したいと思います。
5マナ以降・・・これもパイオニアならではですね。
赤の高マナ域は能力が豪快なのでこれまた楽しいんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする