パイオニアデッキを組もう(赤単その5)

みなさんこんばんは、禁止改定により計画が脆くも崩れたサヒーリ・コンボ。
折角かき集めたカード達、ジェスカイコントロールにそのまま転用しようかと思います。
そのまま腐らせるのは勿体ない、まぁ強く仕上がるかどうかはまた別問題ですが。

さてパイオニア赤単編、今回はクリーチャー第二回ということでカードの紹介をしていきましょう。

まずは3マナ域から

  • 暴れ回るフェロキドン サヒーリコンボの天敵としてデザインされつつも登場時には既に相手は禁止。そしてフェロキドン単体の能力がスタンダードでは強すぎて自身も禁止となる不遇のクリーチャー、そして今回もフェリダーは既に禁止・・・。不遇すぎる。クリーチャーが場に出るとそのコントローラーに対して1ダメージ、横並びする対戦相手にはもってこいの1枚。何気に対戦相手もライフゲインを封じるのも強い。アジャニの群れ仲間を主軸にするような白単には効果覿面。
  • どぶ潜み どぶ潜みが戦場に出ていればスペルを唱えるだけで相手に2点飛ぶというオマケ付き。2枚出ていれば4点、トーブランも出ていれば10点・・。赤のクリーチャーどれもそうなのですが、除去耐性はないので死守して火力をつぎ込みましょう。
  • ゴブリンの熟練煽動者 モダンでも活躍中のクリーチャー。攻撃時に1/1ゴブリントークンを生成し、本体は他の攻撃しているゴブリン1体につき+1/0の修正付き。たくさん横並びをさせて殴れば本体のサイズがとんでもないことに。
  • 軍勢の戦親分 ゴブリンの熟練煽動者の亜種。攻撃時にトークンを出すまでは同じなのですが、教導持ちなので本体のサイズアップではなく、1/1トークンをサイズアップさせます。熟練煽動者と戦親分各4枚づつ投入されるものが通称8ラブルと呼ばれます。
  • ゴブリンの鎖回し ドミナリアで登場後、一躍赤単の主役にのし上がったできるゴブリン。戦場に出た際にクリーチャー、PW、本体全体に各1点を与える上に自身は先制攻撃持ちなのです、同じパワー/タフネスなら一方で取れる強者。先日紹介した損魂魔道士とのコンビネーションは危険!
  • アン一門の壊し屋 かつて3マナ域の主役として大活躍した1枚。サイズもさることながら督励を使うことで相手を1体ブロック不可にしてしまうというオマケ付き。自身より大きな相手にブロックさせないことで無理矢理でもダメージレースを進行させるいかにも赤単ですねクリーチャー。
  • 砕骨の巨人 出来事持ちのクリーチャー、出来事で火力を与えたあとは3マナクリーチャーとしても優秀。4/3という破格のサイズと共に倒された際にもダメージを飛ばすという戦場に出る前から去るまでいつの時も活躍するこれからの3マナ域を不動のものにするであろうクリーチャー。
  • 谷の商人 ルーティング能力持ちのクリーチャー、出来事でもルーティング能力を持っているので弧光のフェニックスなどを墓地に落として3回キャストするだけであら不思議フェニックス降臨なんてことも可能なクリーチャー、ただでさえ手札がすぐなくなるのが赤単、その手札を整える役目を果たしてくれるのは大きいです。
  • ブリキ通りの重鎮、クレンコ こちらもゴブリントークンシナジーに一役買う1枚、攻撃するとパワー分1/1ゴブリントークンを生成し、その後サイズアップしていくという殴り続ければとんでもない数のゴブリンを生み出すことになります。先にご紹介した熟練煽動者と合わせるとさぁどうなるでしょう。

続けて4マナ域もご紹介。

ここからは赤単アグロでは重いと言われる領域になります。
これ以降のクリーチャーを多用する際はミッドレンジとして検討しましょう。
土地も20枚では足らない可能性もありますのでご留意を。

  • 熱烈の神、ハゾレト アモンケットの赤単4マナクリーチャーの代表格。なんといっても5/4のサイズに破壊不能という強さ、ただし手札が1枚以下にならないと攻撃もブロックもできないデメリット付き。赤単なので手札1枚以下なんていうのは簡単に達成できてしまうだけに恐ろしい。それだけではありません。3マナ支払うと不要カードをサクるだけで2点飛ばします、自身も手札を減らす攻撃能力を持つ辺りが支持されるところでもあります。
  • 鍛冶の神、パーフォロス こちらはテーロスからの神。こんなに神降臨させていいのか的な4マナ域であります。ハゾレトより大きい6/5サイズに破壊不能付き。こちらのデメリットとしては戦場に赤5マナがないとクリーチャーではなくエンチャントとなる特殊なパーマネント。加えてクリーチャーが場に出ると2点飛ばすオマケとパンプ能力まで持っています。個人的にはパーフォロスのデメリットはデメリットじゃないんですよねこれ・・・。エンチャントということは火力で落ちず、全体除去でも対象に取れませんので。まぁ解呪一発で落ちますが。
  • 弧光のフェニックス 直近のフェニックスは非常に優秀です。弧光のフェニックスはサイズが3/2と控えめながら3回キャストすると墓地から蘇ってきます。つまり能動的に墓地に落として戦場に呼び戻すことも可能。裏返すとミラーマッチで対峙した際には追放対応で。
  • 再燃するフェニックス こちらもすぐにおかえりなさいをするフェニックス。サイズは4/3と大きめながら除去されると0/1エレメンタルトークンを生成。次のターンには0/1トークンをサクってフェニックスがおかえりなさい。追放持ちでない限り除去対応に2枚強いられる先のスタンダード環境で席巻したクリーチャー。フェニックスは飛行持ちなのも大きいですね。
  • 駆け回る物焦がし 本体が1/1でありながら戦場に出ると1/1エレメンタルを2体生成した上にそのターン全てに速攻を与える豪快な能力持ちです。横並びさせて圧倒させるだけでなく、墓地に落ちてからも雷族で攻撃することで墓地から戦場に戻され、トークンを生成させチャンプブロッカーを作ったりと使い方次第でいい動きをしてくれます。
  • 朱地洞の族長、トーブラン 戦場に出てるだけでありがたやなドワーフ。赤ソースからのダメージに2を加算してくれます。つまりショックは4点に、1/1のダメージは3点に。赤単のダメージレースを一気に加速させるすごいお方。

やはり、1マナ・2マナとたいして変わらないボリュームになりましたね。
次回は5マナ以降と赤単の少し特殊なマナカーブのお話でも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする