パイオニア 禁止告知(2019年12月16日)

パイオニアでの禁止告知が発表されました。
公式の情報はこちら

往還泥棒、オーコと運命のきずながパイオニアで禁止となりました。

シミック・フードとシミック・ネクサスがバランスを損なうため禁止措置となったようです。

どちらもいずれは来るだろうなという想定内のカード、寧ろ遅かったのではないかという声もあるくらいでした。

往還泥棒、オーコについては夏の帳を禁止したタイミングでもよかったのではないかという意見もあります。
運命のきずなはスタンダード時代にゲームを不用意に長引かせるという理由がありながらもそのままにされていた訳ですから、使われるようになればそれは一方的な長期戦になるのは明白だったはず。

実績があるまで禁止措置にしないという慎重な姿勢はありだとは思いますが、隆盛したときに明らかにダメでしょうというものは早い英断があってもいいものかと思います。

これでパイオニアの禁止カードは
血染めのぬかるみ
溢れかえる岸辺
汚染された三角州
吹きさらしの荒野
樹木茂る山麓
守護フェリダー
豊穣の力線
ニッサの誓い
夏の帳
むかしむかし
死者の原野
密輸人の回転翼機
王冠泥棒、オーコ
運命のきずな
計14種となりました。

それでもスタンダードでシミックフラッシュとシミックランプが依然強い人気を保っている現状、今後もパイオニア環境でシミックカラーに対しての措置が行われるかもしれませんね。

毎回言っているような気もしますが、パイオニアが禁止だらけの虚無フォーマットになってしまわないよう改定は目を見張りたいですね。

次回の禁止告知は年末年始を考慮して来年1月6日の発表との事です。
ある程度危惧される要素が出そろったところで様子見の意味も含まれているかと思います。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする