プレイヤーズツアー フェニックス 1日目 結果

先週のPT名古屋に引き続いて今週はアメリカのフェニックスのMFフェニックス内でPTフェニックスが開催されております。

こちらもアメリカを中心としたトッププレイヤー達が凌ぎを削って上位を目指しております。
今回もフォーマットはパイオニア、先週の名古屋及びブリュッセルと比較してどのようなメタゲームが展開されているのかが気になるところです。

名古屋:アジア・パシフィック
ブリュッセル:ヨーロッパ
フェニックス:アメリカ

とこれで3地域出揃うので大凡トッププレイヤー達によるパイオニアのメタ環境が出揃います。

初日終了時点ではこのような感じ。
・ディミーアインバーター(真実を覆すものデッキ)
・バントスピリット
・赤単アグロ
・ロータスコンボ
・スゥルタイヒーロー
・黒単アグロ
・白単ヘリスタ
・スゥルタイインバーター
・アゾリウスコントロール
・黒単吸血鬼
・5cニヴ
・イゼットハサミ
・シミックランプ
と続いております。

思ったより赤単が活躍しており、5cニヴ採用が少なめという印象。
インバーターデッキが名古屋で活躍したのと同様に、フェニックスでも活躍していますね。
名古屋ではディミーア、青単が目立っていたのに対し、スゥルタイも採用されている方が多い印象。

公式カバレージはこちらから。
PLAYERS TOUR PHOENIX DAY 1 PIONEER METAGAME

参考までに名古屋でのメタゲームブレイクダウンはご覧の通り。

ブリュッセルはグラフ化されていませんでしたが初日はこのようなメタゲームブレイクダウンでした。

Archetype#%
Mono-Black Aggro5313.8%
Dimir Inverter4712.2%
Azorius Control379.6%
Niv to Light359.1%
Azorius Spirits236.0%
Izzet Ensoul215.5%
Mono-White Devotion143.6%
Simic Ramp143.6%
Mono-Red Aggro123.1%
Big Red112.9%
Mono-Green Ramp112.9%
Lotus Breach92.3%
Bant Spirits71.8%
Simic Delirium71.8%
Izzet Phoenix61.6%
Mono-Black Vampires61.6%
Soulflayer61.6%
Sultai Delirium61.6%
Heliod Company51.3%
Golgari Stompy41.0%
Mono-White Lifegain41.0%
Dimir Control30.8%
Hardened Scales30.8%
Kethis Combo30.8%
Lotus Storm30.8%
Mono-Blue Devotion30.8%
Mono-Green Stompy30.8%
Others236.0%
Total384100.0%

今回のフェニックスの中で気になるところとして、スゥルタイヒーローという(この表現でいいのか?)スタイルも台頭してきております。

このような感じのデッキです。

Mainboard
Creatures
2 Courser of Kruphix
1 Emrakul, the Promised End
1 Ishkanah, Grafwidow
3 Jace, Vryn’s Prodigy
1 Murderous Rider
4 Satyr Wayfinder
1 Scavenging Ooze
1 Tireless Tracker
4 Uro, Titan of Nature’s Wrath
1 Walking Ballista

Spells
1 Liliana, the Last Hope
2 Nissa, Who Shakes the World
4 Thoughtseize
3 Traverse the Ulvenwald
2 Abrupt Decay
4 Fatal Push
2 Grisly Salvage

Lands
4 Blooming Marsh
1 Botanical Sanctum
4 Breeding Pool
1 Castle Garenbrig
3 Fabled Passage
1 Forest
2 Island
1 Opulent Palace
4 Overgrown Tomb
1 Swamp
1 Watery Grave

Sideboard
1 Tireless Tracker
1 Vivien Reid
1 Sultai Charm
1 Reclamation Sage
1 Noxious Grasp
2 Mystical Dispute
3 Leyline of the Void
1 Hostage Taker
1 Duress
2 Disdainful Stroke
1 Cast Down

かなり豪勢な内容、ウーロやサテュロスの道探しなどは4枚採用、オリジンジェイスも3枚採用ですが、他はほぼ1枚か2枚差し。
スペルもハンデス、除去、ランドサーチ除去を中心にPWを多く採用するスタイル。
サイドにもビビアンが控えているくらいです。
スゥルタイカラーだけあってハンデスに除去とマナクリこそいませんがマナを伸ばす方策と結構尽くされたデッキだと思います。
とどめのエムラクールまで・・・。

パイオニア環境ではオリジンのヴリンの神童、ジェイスがやはり強いPWですね。

こうしてみてみるとメタゲームも3地区出揃って世界を見渡してみても群雄割拠時代でパイオニアの環境、非常にいいのではないかと思います。

このデッキでなければ勝てない、そんなことはないのが今のパイオニア。
積み重ねた習熟度と考察次第で色々なデッキが上り詰める事ができる、そういう環境いいですよね。

これからのパイオニアが楽しみです。
明日の2日目、果たして誰がPTフェニックスを制すのか楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする