イコリア:巨獣の棲処 パッケージ公開

4月24日に発売される次のエキスパンション「イコリア:巨獣の棲処」のパッケージがニューヨークトイフェアにおいて公開されておりました。

ハスブロが投資者向けに開催したトイフェアで、ウィザーズ関連ではD&Dのデジタル化5年計画などが発表されたようです。

元記事はこちら
Wizards Of The Coast Reveals The Next Five Years Of D&D Gaming

その会場においてイコリア:巨獣の棲処のパッケージも公開されていたようです。

ボックスはこのように今回は赤いボックスになるようです。
ブースターパックもビビアンと虎と猿?なのかな?

このタイプの吊るしパッケージは国内では登場していませんが、パッケージにビビアンが描かれています、やはり巨獣だけにビビアンですね。
他のパックも獣感しかなかったので、タイトル通りの次元なのかと予想されます。

個人的な思惑なのですが、基本セット2019で初登場したビビアン・リード。
最初はえらくマッチョな印象だったのですが、登場する度に美人になっていっているような・・・。

ガラク・ニッサに続く緑の中心的なプレインズウォーカーとして頑張って欲しいですね、期待の1枚になりそうです。

こちらもアメリカ版でしょうが、イコリアでもコレクターブースターが登場するようです。
というかこれからコレクターブースターは普通に登場するのかな。

どうにもエルドレインの王権以降ブースターパックが普通に2種類出るようになりましたね、この傾向はどうなんでしょう。
賛否両論あるとは思いますが、コレクション性は上がっているのかなと感じます。


なんだかんだで発売までもうあと少しです。
テーロス環境が大分馴染んできたら次のエキスパンション、まぁこれがスタンダードと言えばスタンダードなのですけどね。

パッケージからのイコリア次元を膨らませて発売を待ちましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする