イベント 歴史の伝承

恒例の構築済みデッキイベントがはじまりました。
参加費無料で1勝するだけで報酬が貰えるというこれは毎回ですが参加し得としか言いようがありません。

今回の構築済みデッキはヒストリックデッキとなっております。
用意されたデッキは2種類、アゾリウスカラーとラクドスカラーとなっております。

空位の玉座

デッキリスト

4 命の恵みのアルセイド
4 ラノワールのエルフ
1 軍団の上陸
3 星原の神秘家
3 運命を紡ぐ者
2 楽園のドルイド
4 封じ込め
2 狼柳の安息所
1 太陽冠のヘリオッド
4 セテッサの勇者
1 サテュロスの結界師
2 払拭の光
4 祖先の仮面
4 空位の玉座の印章
5 平地
6 森
4 寺院の庭
3 豊潤の神殿
3 陽花弁の木立ち

デッキの特徴

セレズニアカラーのエンチャントデッキになります。

ラノワールのエルフと楽園のドルイドによるマナ加速から始まり、セテッサの勇者もしくは運命を紡ぐ者を早々に着地させます。
祖先の仮面(パンプアップ)払拭の光(除去)空位の玉座の印章(トークン生成)といったエンチャントを駆使して、クリーチャー強化をしていきます。
印章からはエンチャントを唱えると飛行4/4天使トークンが生成できるので印章着地からのエンチャントを使用できれば一番いいかと思います。

パンプアップ要素としてヘリオッドもいますし、アルセイドが場に出ればプロテクションで除去対策も可能です。

今回の相手はラクドスでハンデスを中心に徹底的に除去してくるタイプになります。

相手の盤面が整う前にこちら側で盤面制圧すれば勝利は近いでしょう。

無駄省き

デッキリスト

4 墓所破り
4 穢れ沼の騎士
4 死の飢えのタイタン、クロクサ
4 嵐拳の聖戦士
2 喪心
4 無駄省き
3 残忍な騎士
2 惑乱の死霊
3 ドリルビット
3 悪ふざけの名人、ランクル
1 貪欲なチュパカブラ
2 戦慄衆の将軍、リリアナ
2 ロークスワイン城
7 沼
4 山
1 悪意の神殿
4 血の墓所
4 竜髑髏の山頂
3 寓話の小道

デッキの特徴

ラクドスカラーのハンデスデッキになります。

クロクサ、ランクル、ドリルビットでハンデスをさせた上、無駄省きで2/2ゾンビトークン生成、横並びでの制圧を狙います。

相手に対し残忍な騎士、喪心、チュパカブラといった除去をはじめ、ランクルやリリアナでお互いクリーチャーをサクらせ優位な盤面を構築します。
もちろんハンデスによるゾンビトークン生成が出来ていればこちらはサクるクリーチャーも用意出来ているわけなのです。

ただしトークン勝負では分が悪いので、極力対戦相手の盤面は更地に近い方が望ましいです。

序盤から畳みかけるようなハンデスを行い、クロクサの脱出速度を上げられれば俄然優位な状況間違いなしです。
ランクルのディスカードは墓地肥やしにも最適なので、伝説呪文が手札でダブっているようなら遠慮無くディスカード対象にしてクロクサを脱出させましょう。


さて、私は無駄省きのラクドスデッキを選択。
無駄省きが都合良く手札に来なかったのが悔やまれますね。
最終的にはクロクサ・ランクル・喪心がよく活躍してくれました。
リリアナは-4を使う前提になると思われるので、できるだけ盤面展開は広く行っておいた方がいいです。

印章が着地してしまうと割と後手対応となるので、それまでに相手の手札を枯らせてしまった方がいいかと。
(中盤以降、対戦相手はエンチャント唱えるだけで天使トークン生成しながらドローしていくという事になりますので)

対戦相手がこちらのハンデス速度と除去速度を上回る前に勝負を決めてしまいましょう。

今回は500XPとラヴニカの献身1パックが頂けました、ありがたやありがたや。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする