イベント 数多の力

今週もワークショップイベントがはじまりました。
毎回何かしらのテーマに基づいた1勝報酬の無料イベント。
特に用意も必要なく、既に用意されたデッキから選択して戦う形になります。

今回のテーマは?

数多の力という名前の通りなのですが、今回の構築済みデッキは枚数上限突破デッキとなっております。
通常構築では1つのカードはデッキに4枚までというルールです。
(カードテキストによりその制限を解かれているカードを除きます)

でも今回はそれが取り払われ、軽量クリーチャーとシナジーによる戦いとなります。

どんなデッキが用意されているの?

今回用意されたデッキは4種類。
全て単色デッキとなっております。

猫の揺籃の地
終わり無き列
びっくり仰天
野生の力

この4種類となっております。
「Gobsmacked」を「びっくり仰天」と訳されていてこちらがビックリ仰天です。
言いたい事は解りますが意訳にも程度が。
さてそんなことは置いておいてデッキ紹介といきましょう。

猫の揺籃の地

15 幸運な野良猫
6 拘引者の熱情
6 魅力的な王子
6 勇敢な者の槌鉾
4 再誕の司教
24 平地

白単のデッキになります。
猫をひたすら出してパンプアップさせていくデッキですが、再誕の司教や魅力的な王子を使ってどんどん猫を横並びとパンプアップを繰り返すことが重要です。

終わり無き列

8 墓所破り
5 縫い師への供給者
5 死の男爵
15 アンデッドの召使い
2 骨への血
25 沼

黒単のデッキになります。
本当にひたすらゾンビトークンを生成し続けることが勝利へ繋がります。
墓所破りに始まり召使いまで来れば数で勝ることこの上なし。

びっくり仰天

6 スカークの探鉱者
4 ゴブリンのクレーター掘り
9 ゴブリンの戦長
11 ゴブリンの首謀者
6 包囲攻撃の司令官
24 山

赤単のデッキになります。
ひたすらゴブリンオンパレード、戦長が出ればコストが1軽くなるのは大きいですね。包囲攻撃の司令官の能力でゴブリンサクってダメージ飛ばしちゃいましょう。

野生の力

15 ラノワールのエルフ
4 エルフの幻想家
7 養育者、マーウィン
6 野生語りの帰還
4 終末の祟りの戦陣
24 森

緑単のデッキになります、マーウィンでエルフをパンプアップしていくのもありですし、ラノワールのエルフを使って一気に戦陣まで唱えてしまうか。
エルフシナジーとマナ加速の両面から作戦を立てられますので、相手によって変えていきましょう。


今回はやはり猫とあればもう白単しかないでしょう。
ここまで用意されていて青単はないんですねというのは少し思ったところですが。

どのデッキもシナジーが搭載されています。
イベントタイトル通り、横並びさせればさせるほど有利。
白単:パンプアップ
黒単:ゾンビ生成
赤単:ダメージ飛ばし
緑単:パンプアップとマナ加速
とそれぞれの色の特色を反映されたデッキになっていて解りやすいですよ。

使用されているカードの種類も少ないので、はじめたばかりの人でも扱いやすいものに仕上がっているのではないかと。

ただしこのデッキは通常の構築戦では使用できませんのでそこだけはご了解願います。

また来週のイベントも楽しみですね。
ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする