プレインズウォーカーポイント(PWP)の終了について

先日から触れられていたプレインズウォーカーポイント及びDCIナンバーの終了に伴う告知がありましたのでご報告を。

公式はこちらから
プレインズウォーカー・ポイント廃止のお知らせ

そもそもプレインズウォーカーポイントって何?という方もいらっしゃるでしょう。

テーブルトップでは公認大会に参加すると参加記録やポイントが付与されるシステムがあり、それがプレインズウォーカーポイントシステムです。

まぁ私は見ての通り雑魚中の雑魚でございますので・・・・。

公認大会参加にはDCIナンバーと呼ばれるものが必要で、その番号が個人と結び付く形になります。
参加大会の詳細を見ると、何戦目で誰と対戦したのかまでわかるシステムで割と優秀なシステムでした。

 多くのプレイヤーにとって、この変更は1つの時代の終わりを感じさせるでしょう。イベントで4桁のDCI番号を見せるのは、ある意味で名誉なことでした――その人がどれだけ長くマジック・コミュニティにいるのか示せるのですから。私たちも、一抹の寂しさを覚えています。これまでの歩みを振り返り、過去の戦歴や友人との対戦成績(やマジックフェストのサイドイベントでルイス・スコット=ヴァーガス/Luis Scott-Vargasを倒した思い出など)を語る時間は、30日しか残っていないのです。

プレインズウォーカー・ポイント廃止のお知らせ

ここでも述べられているようにこの記録を参照できるのは来月2020年5月27日までと決定されました。

まぁ、4桁のDCIナンバーは最終的に10桁になったんですけどね・・・。

ログをダウンロードする機能などはありませんのでスクリーンショットを取るかテキストをコピペして保存するなどなんらかの工夫をするしかないようです。

今後はウィザーズアカウントにより管理されるとの事ですので、大抵の方は既に作成済かとは思われますが今一度ご確認しておいた方がいいかと思います。

マジックフェストで行われるグランプリなどを含め一部のイベントについては、2021年まで引き続きDCI番号を使用する予定との事ですのでDCIナンバーも今しばらくは覚えておく必要があるかと思います。
(よく参加されている方は覚えるというか反射的に出てきますよね・・・多分・・・)


多分紙のデッキリストのDCI No欄も時期が経てば謎な記入部分になってしまうと考えると寂しいものですね、まぁ近年ではオンライン提出がほとんどでしょうからなんともいえませんが。

テーブルトッププレイヤーの皆様はお気を付けください。
ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする