禁止制限告知(2020/07/13)

先日の予告通り、禁止制限告知が発表されました。
公式はこちらから
2020年7月13日 禁止制限告知

今回の対象フォーマットはヒストリック・パイオニア・モダン・パウパーとなっております。


ヒストリック

一時停止から禁止

裏切りの工作員
軍団のまとめ焼役、ウィノータ
創案の火

最早語るまでもないこの3枚、結局はヒストリックでも禁止扱いとなりました。
一時停止にする意味があったのだろうかというくらいのカードではありましたが。

発表でもメタゲームの明確な改善が見られたとありますが、そもそもこれらがメタゲームを歪ませていたのですから当然の結果だったかと。
一時停止にペンディングした意味すら不明でした。

禁止

運命のきずな

公式でバランスの取れた選択肢として残ることができる場所になることを望んでいましたとありましたが、そもそもがBO1で禁止指定だった上テーブルトップでもパイオニアで禁止指定されているだけに、あまり残れるとは思っていませんでしたがよく今まで残っていましたという感すら窺えます。

対戦相手のソリティアを眺めるプレイほど不愉快なものはないと思っております。

一時停止

炎樹族の使者

グルールアグロの中でこれが選ばれてしまいましたかという部分ですね。
ヒストリックにおいては確かにグルールは強いとは思いますが、もし対象となるのであれば炎樹族の使者よりもボーラスの壊乱者、ドムリかと思ってました。

どちらも対処が可能であるのでここにメスが入ったことも意外ではありましたが、マナ加速要素に加え打ち消せなくなる上プラス能力のドムリに軍配かと思いきや意外でした。

結果論とは言え、何の為のヒストリック・アンソロジーだったのだろうかという感は否めませんね。


パイオニア

禁止解除

ニッサの誓い

パイオニア制定当初の2019年11月4日に守護フェリダー・豊穣の力線と同時に禁止されたニッサの誓いですが、その後むかしむかしが禁止となり当時も何故ニッサの誓いという話が出たくらいの禁止措置ではありました。

当時はオーコもまだ存在し、シミックカラー一強状態でありその中でトップ3枚よりクリーチャー・土地・プレインズウォーカーのいずれかを釣り上げられるこのカードは強力でした。

その後、禁止などの環境の変化により今回禁止解除となった運びです。


モダン

禁止

アーカムの天測儀

ミラーマッチ以外のマッチの勝率が55%に近づいているという公式のコメントがありましたが、確かこれが為に冠雪土地を採用しているというケースがほとんどでしょう。(コアトルとかもいますので必ずしもとは言いませんが、氷雪土地がある多色デッキ=天測儀はあるという図式は間違いないかと思います)

出すコストに対して効果が大きすぎ、多色デッキを容易に安定させるという意味では然るべき措置だったのかと思います。
言うなれば場に出たら1ドローまで付いていますからね。

ブリンクさせたり、アーティファクト○枚以上でといったシナジーにも器用に対応するカードでもありましたので。

アーティファクトなので割ればいいという話もありますが、親和がトップメタから遠のいた今、メインからアーティファクト破壊がどれほど投入されているのかという話はあります。

モダン環境だからこそ軽いコストで大きな効果という部分だったのかもしれませんが、氷雪1マナは軽すぎというかフェッチ切って1ターン目に出てしまいますから、ようやく対処されたといったところでしょうか。


パウパー

禁止

探検の地図
神秘の聖域

トロンのメタゲームにおける抑制の目的で探検の地図が、ループ勝利(所謂ソリティア状態)を抑止する目的で神秘の聖域が禁止となります。

我々は反復的なゲームプレイ、同じようなプレイパターン、そしてロック状態の面でいくつかの悪影響があるのを目にしていると公式でもコメントがありましたが、確かにあまりにもソリティアデッキと対戦が続くようであればマッチ自体を放棄しかねませんので方向性としてはいいのではないかと思います。

そのうちしつこい請願者によるライブラリーアウトも対象になるかもしれませんね。


なお、今回の禁止制限の発効は以下の通りです。

テーブルトップ発効日:2020年7月13日
Magic Online 発効日:2020年7月13日
MTGアリーナ発効日:2020年7月16日

アリーナのみ16日、それ以外は即日発効となります。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする