JUMPSTARTアリーナ実装

今回のバージョンアップにより、色々アップデートされたのですがその辺りは公式からご確認ください。
MTGアリーナ:パッチノート 1.10.00.00 (2020年7月16日)

今回楽しみにしていたのが先日テーブルトップでも発売されたJUMPSTARTがアリーナ上でも実装されたという部分になります。

46種類のテーマの20枚パックを2つ選び、それがそのままデッキとなります。
お互いその40枚デッキで対戦するという新スタイルになります。

参加には400ジェムもしくは2,000ゴールドが必要ですが、勝利報酬として2回JUMPSTARTで実装されたレア以上のカードが入手可能です。

ランダムで表示された3つのテーマよりまずは1つ選択します。
私は今回「ウィザード」を選択しました。

そうすると次に選択できるテーマが3つ表示されます。
私は「猛攻」とでもいうのでしょうか、Smashingを選択です。

各テーマは単色となっており、色の違うテーマを選択すれば2色にまた同じ色のテーマを選べば単色になるというシステムです。
裏返すと3色以上はないということになります。

今回はイゼット(青赤)カラーのデッキで、魔道士と割とパワー押しのクリーチャーを揃えた感じのデッキとなりました。

我ながら初動が遅いですが、序盤を乗り切れば押し込めるタイプのデッキとなりバランスもいい感じで構成されていました。

対戦相手の方はディミーア(青黒)のデッキを使われていました。

1勝目の報酬は「激浪の研究室」、オンスロートで収録されたカードですが起動能力で自分の戦場にあるウィザードを手札に戻せるというもの。

これは選んだテーマによって出てくるものも変わってくるんでしょうかね。

2勝目は「庁舎の歩哨」でした。ラヴニカのギルドで収録されたカードで唱えるマナの色数分カウンターが乗るというクリーチャーですね。
他にも起動能力等ありますが、JUMPSTARTでは大きなサイズにはなりにくそうではあります。
こうなるとテーマに沿ったカードなのかどうか怪しくなってきたのでランダムと考えた方がいいのかもしれません。

なお、2勝した後は一度イベントを棄権してJUMPSTARTを参加すれば(ジェムとゴールドは再び必要です)、テーマも選び直すことができて報酬も再度頂けるというシステムとなっています。


さて、今週は金曜日です。
イベントとしてのFNM@HOMEはありませんが、アリーナをプレイしているスクリーンショットを対象店舗に報告することで参稼報酬は頂けます。

今回はアングラスのスリーブとタミヨウのアバターでした。
スタイルの事が多いだけに、スリーブとアバターの報酬はレアなのかもしれません。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする