ゼンディカーの夜明け 先行情報

今朝方、Comic-Con@Home 2020で配信されたマーク・ローズウォーター氏の先行情報を視聴していましたが、覚えている部分をざっと。

今回は新規プレインズウォーカーの追加はなく、3人登場しますと仰ってましたが、パッケージ時点でジェイス・ナヒリ・ニッサとなるのでしょうか。

そして、ゼンディカーで期待されるフルアート基本土地は今回も登場するようです。
土地関連で言うと新らしい多色土地が6枚登場と言ってましたが・・6枚?
友好色と対抗色から3つづつですかね・・・なんとも半端感が否めませんが。
友好色か対抗色と色マナ土地かもしれません。
もしかするとトライオーム残り5つと色マナ土地かもしれませんね。

あとゼンディカーと聞いてエルドラージを震撼されていらっしゃった方もいるかと思いますが、今回は登場しないようです。

今回の発売内容としては通常のパック(ドラフトブースター)とコレクターブースター、テーマブースターに加え、セットブースターが登場します。

テーマブースターはラヴニカのギルドで初登場したブースターパックですが、名前の通りラヴニカのギルドと献身では各ギルドをテーマにしたパックになっており、エルドレインの王権で再び登場し各色ごとの5種類となりました。
テーロス還魂記ではアーティファクトとその色に対応した多色も入るようになったのですが、テーマブースターは日本では発売されていませんのでお目にかかることもまずない感じではあります。

そして今回追加されたのがセットブースター。

モダンホライズンでも採用されたアートカードとトークンカード、,マジックのカードが12枚の計14枚構成のブースターパックとなります。

詳細については既に公式の日本語記事も掲載されているのでそちらをご覧ください。
セット・ブースター


何せプレイヤーズツアーファイナル視聴しながら視聴とかいう訳のわからない状態で観戦と視聴をしていたので漏れている部分あるんじゃないかなと思います。
(プレイヤーズツアーファイナルは本家と日本と同時に開いてましたし・・・)

一応覚えていた部分整理してみました。
プレイヤーズツアーファイナルは日本人選手の多くが2日目進出を果たしております。
こちらは2日目終了後、翌週の最終日までに纏めたいと思います。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする