プレイヤーズツアーファイナル 結果

観戦されてご存じの方も多いかと思いますが、プレイヤーズツアーファイナルを制したのは4c再生を操るプリンツ選手となりました。
おめでとうございます。

気になる日本人選手の熊谷選手はというと、惜しくも準優勝となっております。
こちらも快挙だと思います、おめでとうございます。

ダブルイリミネーション制となりますので、TOP8のブラケットが解りにくいかもしれません。

見方を解説しますと、UPPER側で対戦した勝者はそのまま次へコマを進めます。
一方敗者はLOWER側のブラケットに移り、敗者同士での対戦となります。
そこでの勝者がLOWER側の次へコマを進めます。
勝者同士の対戦により敗者となった者は、LOWER側で先のLOWER同士の対戦勝者との組み合わせとなります。

つまり2マッチ落としたらそこで敗退というスタイルになります。


奇しくもプリンツ選手と熊谷選手の対戦はUPPERブラケットでの決勝対戦とグランドファイナルでの対戦と2戦連続という形となりました。

決勝戦再びといったところでしょうか。

今回熊谷選手は黒単アグロで挑まれたのですが、何が凄いのかというとこのTOP8ブラケットにおいてプリンツ選手以外には全てストレート2-0で勝利を収めているという部分です。

プリンツ選手も相当黒単アグロに対してのシミュレーションを重ねてきたのではないかと思われます。

2020プレイヤーズツアーファイナル 決勝ラウンド

正直8時間くらいあるのでこれの一気視聴はお薦めかどうかと問われると微妙ですが、日本語解説もあるので時間のある方もしくは毎日少しずつ視聴されるというのもいいかもしれません。


こうして追いかけてみると、再生系一色と言われた昨今の環境ですがまだまだ他も再生には譲れないとかなり食いついてきた印象が強かったです。

再生系が万能デッキとは言いませんが、攻めも守りもバランスがとれていることに対し、スタートダッシュが早くはない部分をついた対抗デッキが良い結果を残したのではないかと思います。

こうしてトップ選手たちの熱い戦いはやはり勉強になりますね。
またオンライン上でもいいので大型大会を開催して頂き観戦したいなと思います。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする