禁止制限告知(2020/08/03)

いや、今回予告もなくいきなり来ましたね。
非常にビッグな改定なのではないでしょうか。

公式はこちらから
2020年8月3日 禁止制限告知

スタンダード環境は天変地異レベルでメタゲームがひっくり返されることとなります。

では早速。
いつもながら公式コメントに対して私見を述べさせて頂きます。


スタンダード

禁止

荒野の再生
成長のらせん
時を解す者、テフェリー
大釜の使い魔

 前回の禁止制限リストの更新では、我々はスタンダードに何も変更を加えないことを選びました。当時、スタンダード環境はプレイヤーズツアー・オンライン3と4の結果が出たばかりで、直近に相棒ルールの変更が行われ、そして『基本セット2021』がフォーマットに追加された直後でした。新たなデッキの出現は見られましたが、最終的に上位のデッキは適応し自らのメタゲーム上のシェアを維持することができました。数週間環境の発展を監視して。プレイヤーズツアーファイナルのデッキリストを見直した後、我々はメタゲームを大きく動かすために複数の変更を行うことにしました。

2020年8月3日 禁止制限告知

とありますが、大きく動かし過ぎなのではと懸念したのは私だけでしょうか。
今回の改定で
・再生系
・アゾリウスコントロール系
・サクリファイス系

この3つに関しては甚大なる影響が出ているのは間違いありません。
ランプ系に関してもマナ加速を担っている荒野の再生がなくなったことにより、少しはバランスが保てる形になるのでしょうか。
現状では荒野の再生と耕作、加えてウーロと基本土地を多めに用意しバンバン出してウギン着地というスタイルが主ではありますのでその部分も今後このままだと何かしら影響が出るのかもしれません。

 この一連の変更は我々の通常のスタンダードでの禁止リストの理念から逸脱しており、したがって、我々はこれを1つの実験であると考えています。

2020年8月3日 禁止制限告知

1つの実験としては大胆だったかなという印象です。
環境末期でいずれ早かれ遅かれローテーション落ちするカードばかりではありますが、大釜の使い魔だけはなんとかならなかったのかなという印象は受けました。
(大釜の使い魔だけはエルドレインの王権なのでローテーション対象外なのです)

デジタルのプレイヤーがこなすことのできるスタンダードのゲームの数はテーブルトップよりも多く、我々はもっと早くメタゲームの変更を行動に起こすのが正解であると考えています。

2020年8月3日 禁止制限告知

この考えがここで出てきたのであれば、前回の時点で荒野の再生とテフェリーは禁止でもよかったのではなかったのでしょうかと思うのですが。
どうにも見解が矛盾を孕んでいるのでどんなものでしょうという印象は拭えません。

 《成長のらせん》を使った各種ランプ・デッキは、プレイヤーズツアーファイナル初日のメタゲーム中68%を占めており、アリーナのミシック・ランクのランク戦では約25%~30%を占めています。この分類の中では競技的コミュニティの多くから《荒野の再生》デッキが最強のアーキタイプであると見なされており、プレイヤーズツアーファイナルのメタゲーム中54%、アリーナのミシック・ランクのメタゲーム中約15%を占めています。《荒野の再生》デッキをこの最もプレイされているという地位から取り除き、ランプ・デッキ全般のメタゲームでのシェアを減らすために、《荒野の再生》と《成長のらせん》は禁止となります。

2020年8月3日 禁止制限告知

これに関しては同意なのですが、上記コメントからも察する通り前回行うべき判断だったのではないかと思います。
メタゲームのバランスを取るのか最強のアーキタイプだからなのかどちらなんでしょうというコメントは判断基準として頭をかしげますが、ランプデッキの寡占がこの後考えられる部分としての判断はありだと思います。
最強のアーキタイプというのはコメントに残すべきではなかったかと思います。

 長期間高い勝率を維持してきたもう1つのアーキタイプが《大釜の使い魔》と《魔女のかまど》のコンボを特徴とした「赤黒(またはジャンド)サクリファイス」です。高い勝率に加えて、これらのデッキはアグロやミッドレンジのクリーチャー・デッキにかなりの圧力をかけています。さらに、これらのカードが生み出す誘発型能力の数はデジタル・プレイにおいて両方のプレイヤーにとって煩わしいものになる可能性があります。これらの生け贄戦略を弱体化させ、メタゲームの多様性を開き楽しいゲームプレイ環境を作り出すために、《大釜の使い魔》は禁止となります。

2020年8月3日 禁止制限告知

これに関しては、先にも述べましたが今回の判断ではなく次回に持ち越してもよかったのではなかったと考えます。
確かにアリーナ上での誘発多発による指定の煩雑さは理解出来ます。
ただこれにより、アグロとミッドレンジに圧力がとありましたが逆にサクリファイス系がアグロとミッドレンジの寡占を抑えていたというのであれば、再生系が封じられとコントロール系が弱体されつつある状況の中でアグロとミッドレンジが寡占する状況が見え隠れするのですが、いかがなものでしょう。
ランプ系の加速が減速するとなれば、アグロで畳みかける単色アグロもしくはグルールアグロ、アゾリウスフライヤーなどが活躍することになるでしょう。

それ自体に反対はありませんが、逆にこれらを抑えきるアーキタイプが登場しコントロールを好むプレイヤーの場も与えてあげたいところです。

それらは次回のゼンディカーの夜明けに期待すべき部分だとは思います。
(ジェイスが登場する辺りで何かしらコントロール環境に進展が見られるものと推測します)

 今回のこれらの変更は時節と現在のデジタル・プレイへの集中の産物という意味合いが大きいものであることを強調しておきます。我々はこのアプローチに関するコミュニティからの意見を求めており、今後もメタゲームの行く先を注視し続けます。

2020年8月3日 禁止制限告知

この見解であれば、白単で発生するアジャニの群れ仲間を筆頭とし、リンデン、ヘリオッドを擁するライフゲインカウンターデッキも何かしら考えられているということになるのでしょうか。
正直あちらの方がサクリファイスの誘発の比ではない煩雑ぶりと見ています。

あくまでメタゲーム上位に上がってきていないという部分だけだとは思いますが。


パイオニア

禁止

真実を覆すもの
隠された手、ケシス
歩行バリスタ
死の国からの脱出

パイオニアに関しては多くの方が既に予測されてた内容だとは思いますので軽く。

 そのため、我々は《真実を覆すもの》、《死の国からの脱出》、《歩行バリスタ》、《隠された手、ケシス》の禁止を選択しました。我々の狙いはゲームの序盤から中盤にプレイヤーがタップアウトした場合コンボに殺されてしまうリスクを劇的に減らすことです。この変更は伝統的なミッドレンジやコントロールに環境を開き、アグロ・デッキの手札破壊と打ち消し呪文に対する圧力を少なくするはずです。

2020年8月3日 禁止制限告知

確かにディミーアインバーター及びロータスブリーチ、ヘリスタコンボ、ケシスコンボなどのコンボデッキが優勢な状況であり、純然たるフェアデッキとしてはバントスピリットくらいしか生き残れていない上位状況としては早かれ遅かれ下った裁定だったとは思います。

ただ正直なところスタンダードでも言えた事なのですが、ディミーアインバーターについてはすこし判断を待ちすぎたのではないかと思います。
今年の序盤でかなり大きな勢力を持った際に下されても良かった裁定だったと思います。

スタンダードとパイオニア共に言える事なのですが、複数のアーキタイプを封じることはその封じられた複数のアーキタイプを使い分けていた(主に使用していた)プレイヤーとしては下手をすればマジックから離れてしまうのではないかというくらいの大きな裁定だったように思われます。

アリーナメインのプレイヤーよりもテーブルトップにも力を入れているプレイヤーの方が影響は甚大だと思います。

ヒストリック

一時停止

荒野の再生
時を解す者、テフェリー

 我々は前回の禁止制限リストの更新で《荒野の再生》について少し触れ、そこで強力ではあるが《運命のきずな》デッキ以外の問題のあるデッキでは見かけられないと述べました。その後、《発展+発破》と《死者の原野》の両方を使った「ティムール再生」のリストがヒストリックで着実に勢力を伸ばしてきました。このデッキは勝率を保ちながらBO3のゲームの10%以上を占めるというかなりの数字を出しています。このカードとデッキの構成は長い時間をかけて議論と解析と監視をしてきたものなので、我々は行動を起こすのに十分な情報が揃ったと感じています。メタゲームの健全性と多様性を促進させるため、《荒野の再生》はヒストリックで一時停止されます。

2020年8月3日 禁止制限告知

テフェリーに関してはスタンダード同様という事で理解はできるのですが、荒野の再生に関しては荒野の再生を一時停止するということには賛成なのですが、それ以上に同じ理由でケシスコンボも一時停止にしなければ荒野の再生の台頭がケシスコンボの台頭にすり替わるだけなのではないかと懸念します。

パイオニアで禁止されたことがそのままヒストリックで展開されるのではないかというのは安易に想定できる事ではないでしょうか。
逆にケシスコンボに対してパイオニア以上にヒストリックの方が対応に苦慮しそうな感があります。

デジタルプレイでソリティア行為こそ封じてしかるべきスタイルなのではと私は考えます。
(ケシス回し始まった時点で投了しなさいという見解なのでしょうか)

Jumpstartとアモンケットリマスター(アモンケットに関してはどの程度戻ってくるのか気になるところではありますが。最初期βではスタンダード環境内でしたので全実装の過去はあるんですよね)でどの程度変化が見られるのかその辺りは楽しみですね。
できればヒストリックについてはアリーナ実装当初のカラデシュ・ブロックまでは戻してもいいのではないかと個人的には思います。

ブロール

禁止

時を解す者、テフェリー

 《時を解す者、テフェリー》は全体の10%を超えるゲームで見かけられるブロールで最もプレイされている統率者の1つであり、最も高い勝率の統率者の1つでもあります。さらに、ブロールでも他のフォーマットで説明されたものと同様の影響が見かけられます。これらの理由により、《時を解す者、テフェリー》はブロールで禁止となります。

2020年8月3日 禁止制限告知

テフェリーに関してはスタンダードで禁止なのですから、当然ながらブロールでも禁止でしょうというコメントしか残しようがないですよねこればかりは。


 これまでは、禁止制限リストの更新の1週間前にお知らせを出してきました。昨今のデジタル・プレイ環境への集中の増加により、我々は事前通知を差し控え変更を可能な限り早く発表することを選びました。これは必ずしも今後の告知と手段を示すものではなく、我々は今後も事前通知とメタゲームの変化に関しての即応性の維持のバランスの取り方について検討を続けていきます。

2020年8月3日 禁止制限告知

今回少し驚きはしましたが、過去には予告なく改定されていたので戻ったのかなという印象です。

今回の裁定に関しましては反対したところで覆る内容でもなく、プレイヤーとしては受け入れるしかないという内容です。
私個人としてもスタンダード環境はテーブルトップで握るのが「ティムール再生」「アゾリウスコントロール」「ジャンドサクリファイス」とほぼ壊滅なだけに衝撃は大きかったです。

残されたのは「赤単アグロ(各種)」「(ローテ落ち前提の)オルゾフエンジェル」「(相棒改定で微妙となった)ジャイルーダコンボ」辺りが割とすぐ組めそうではありますが、少し様子を見た方がいいかもしれませんね。

コントロールが不安定な状況なのでシミックフラッシュ辺りも要検討候補かとは考えていますが。

色々また考えさせられそうな改定内容でした。
ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする