アモンケットリマスタープレビュー始まりました

先日お伝えしたアモンケットリマスターのプレビューが始まっております。

色別に紹介されている感じで既に公開されている分に関しては白と緑となっております。
公式カードプレビューはこちらから
AMONKHET REMASTERED

その中から私個人が気になったカードをピックアップしてみます。
新規カードではないので、個々のカード能力の紹介は割愛させて頂きますね。

副陽の接近来ましたね、やはりこれが来てこそのアモンケットといった感じが致します。
初代チャレンジャーデッキにも「副陽コントロール」と銘打たれたセットがあったくらい当時のスタンダードで「ラムナプレッド」「ゴルガリ巻きつき蛇」などと並びメジャーなデッキの一角でしたね。

こうなると青のカード公開が待ち遠しくなります。

オケチラも登場しているということは神サイクルのオケチラ・ケフネト・バントゥ・ハゾレト・ロナスが揃うということになります。
現環境では既に灯争大戦で登場している永遠神の生前の姿という事ですね。

アモンケットの神々の特徴として条件を達成していないと攻撃とブロックができないという制限があります。
その代わり起動能力は常に使えるというもの。そしてその起動能力は神々が動ける手助けをする内容となっております。

テーロスの神々は信心達成前はエンチャントですが、信心達成するとクリーチャーになるというギミックもなく、常にクリーチャーですので追放除去にはご注意を。

それを克服したのが永遠神サイクルでしたのでいかに凶悪だったかがお分かりになるかと思います。

そしてプレインズウォーカーも共に戻って来ます。
ギデオンが戻るということはリリアナも戻ると考えていいかと考えています。

灯争大戦のストーリーに絡むのですが、アモンケット次元は灯争大戦と関わりが深く、アモンケットで収録されたギデオンとリリアナの灯争大戦での結末はともにここで収録されたという部分も含め意味深だなぁと改めて思います。

現在では払拭の光でお馴染みの咥え追放のひとつ、払拭の光より1マナ重いのですがそれを補って余りある内容。
なんといっても瞬速持ちでサイクリングまで付いているというのですから。
当時は私もかなりお世話になったカードのひとつですね。

神の・・・えっ?これアモンケットで収録されていないどころかαで登場以来毎回基本セットと定番として登場し、第10版を最後に登場していないカードじゃないですか。

正確にはポータルとBattle Royale Box Set、統率者2013、エターナルマスターズとダブルマスターズで再録こそされていますがエキスパンションとしては第10版が最後のはず・・・。

なるほど、ヒストリックなのでこういった昔のカードもリマスターなので収録していくということなんですね。

ということは他の色でも何かしら収録されると考えてよさそうですね。

カルトーシュサイクルも復活となります。
コモンのエンチャントではありますが、アモンケットを代表するサイクルですので再録されて欲しかったものの一つですね。

当時ボックス開封していた方はカルトーシュたくさんあるのではと思われます。

こちらも刻のサイクルですね、やはりアモンケットサイクルは全て還ってくると思っていいでしょう。

何気にアモンケットサイクルは強力な場面があるのでパイオニアでも採用されていたりするので侮れません。

試練サイクルもありました。
アモンケットという次元を象徴するサイクル達なので、これらが戻ることで当時の雰囲気がより出るのではないでしょうか。
(当時のスタンダードと言われるとカラデシュ・ブロックが欠かせなくなってしまうのでそこまでは言いませんが)

女王スズメバチですか・・・統率者で登場して基本セット2015と統率者2020で再録されたトンデモクリーチャーじゃないですか。
タダでさえ飛行・接死なのに戦場に出たら飛行・接死が4体出るってもう・・。

接死デッキ考えている人には欠かせないカードですね。
緑単くらいでないとなかなか使いづらいのではありますけど・・。

イラストが思いっきりアモンケットですぐに気がつきませんでしたが、集合する中隊ですって?
うわぁ・・結構強力なリマスターとなりそうですね。
しかも再録が各色1枚でないとわかってしまっただけに。

個人的にですがこのイラストいいですね、多分収録されるであろう碑サイクルをも彷彿とさせる感じがまたいいです。


これでまだ青・黒・赤・多色・無色・土地と残っているんですから内容に期待をせざるを得ません。
これからのカードスポイラーにも注目したいですね。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする