アモンケットリマスタープレビュー2日目

本日は青と黒について公開がありましたのでその中からご紹介。

アモンケットの優秀なカウンターですが、神秘の論争と異なりマナコスト軽減こそありませんが後半でも腐ることがないのが特徴。
他にも検閲も収録されており、当時のいいカウンタースペルが戻ってくる感じですね。

フワ、青パクト収録なんですか・・・。一瞬否定の力と空目して大変でした。
0キャストできますが次のアップキープ時に5マナ支払えないと負けるという未来予知で収録された契約サイクルですね。
緑パクトが一番有名なのではと思いますが・・・。

そしてイニストラードを覆う影からは秘密の解明者、ジェイスも再録となってます。何気に+1が「選択」そのものなんですよね。地味に強いです。
毎ターン起動できますからね。

破滅の刻で収録された敗北サイクルも収録。
ゲートウォッチを中心にした誓いサイクル・敗北サイクル・勝利サイクルとヒストリックでは揃いそうですねそのうち。
結構敗北サイクルはサイド投入ができるので有り難いサイクルです。

マジック・オリジンより悪魔の契約も収録です。
4ターン目に敗北してしまうエンチャントで・・・で?
まさか残す赤には異界月から「無害な申し出」が収録されるとかそいう?
キャットパクトどうぞ的な・・・。

いやまさか・・・。

こちらもイラストが変わってすぐにわからなかった「思考囲い」。
テーロスのイラストがメジャーになっていますが、初出はローウィンです。
ダブルマスターズで収録された思考囲いもローウィンのイラストを採用していますね。

言わずとも知れたハンデス呪文ですね。
土地以外なんでも来いなところが「強迫」との大きな違いかと思います。


あとは赤と多色・無色と土地となりました。
サイクリングランドとかは収録して欲しいなと思いますね。
赤はもう・・・見てから賞賛するか大暴れするかが変わるかと。

明日も楽しみなプレビューになりそうです。
ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする