直近におけるスタンダードメタ分析(2020/08/12)

TCGPLAYERさんにて直近におけるスタンダードでのメタゲーム分析記事がありましたのでご紹介致します。
元記事はこちらから
Standard Metagame Breakdown August 12th 2020

7月8日~7月9日(日本時間だと7月9日~7月10日)に開催されたRed Bull Untapped予選、SCG ツアーオンラインチャンピオンシップ予選及びMOチャレンジの結果を纏めたものになります。

以下は私見となります。


スゥルタイランプがティムール再生に取って代わってきつつありますね。
続くのがティムールアドベンチャーであり、禁止改定前のティムール再生とバントランプの比率を見ているような気がします。

赤単アグロが緑単に代わってメタの上位へ来ているのは興味深い所。

ティムールも再生は失ったものの、アドベンチャー・フラッシュ・エレメンタルと多種多様な姿を見せてくれる辺り割合今の環境では万能肌なカラーであるともいえます。
根本原理も採用したデッキも多く見かけるのでそれだけ振り幅があり、変幻自在なカラー構成とも言えるかと思います。

ただエレメンタルに関してはエレメンタルの主要パーツはローテーションでほぼ落ちるので現環境までの想定がされます。

サクリファイス系も大釜の使い魔を失ったとは言え、新たな形で採用されてきている辺りは盤石とは言いませんが、サクリ台が残る限りは上がり続けてくるであろうと予想した状況となっています。

時を解す者、テフェリーがスタンダードから姿を消したことでやはりフラッシュ系も採用率が上がってきたようです。
ただし、思ったほど多くはなかったかなという印象。
そしてここでもティムールカラーがトップという。

そして一時期身を潜めていたウィノータ採用型のデッキも再び姿を現すようになりました。
割合犬シナジーと組み合わせて登場するケースを見かけます。
ウィノータのカラーで賄えるだけあって採用頻度も高いのかもしれません。
こうなるとまたしばらくはケンリス王も活躍を見せるのでしょう。


アリーナでプレイしていても
・スゥルタイランプ
・ティムールアドベンチャー
・ティムールエレメンタル
・マルドゥウィノータ
辺りはよく出会う印象です。

何気にスゥルタイランプは基本メインでカウンターを採用するケースはあまり多くないかと思われますので、エスパースタックスとかも有効なのではないかと思われます。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする