アモンケットリマスターのTOP5

よく眺めているTCGPLAYERのサイトで面白い記事があったので。
The Top 5 Cards from Amonkhet Remastered

現在全日本選手権の予備予選及び予選が開催されており、スタンダードも熱いのですが、何よりアモンケットリマスター実装されたことでヒストリックが何気に熱いのではと思っています。

全日本選手権も冬はヒストリックということですしね。

話が少し逸れますが、晴れる屋のThe Last Sun、今年はパイオニアとレガシーの混合みたいですね。
これまたハイレベルの争いになりそうな予感です。

さて、話は戻りますがアモンケットリマスターでのTOP5にはこのようなカードが挙がっておりました。

5位 集合した中隊

やはりこれは緑を採用するデッキにとっては重要なカードですね。
パイオニアだとバントスピリットなどで活躍しているカードになります。

クリーチャーデッキにとって有効牌をかなりの確立で戦場に出せるこのカードは強力かと思います。
鉄葉のチャンピオンやレギザウルスなども一発召喚なんてことも。

4位 神の怒り

全体除去の定番ではありますが、スタンダードでも活躍中の空の粉砕と異なり相手にドローを許すこともない強力なカードとなります。
第4版では埋葬すると書かれていますが、それは後に「すべてのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない」という有名なカードテキストになります。

3位 損魂魔道士

ようやくアモンケット収録のカードが登場です。
損魂魔道士はアモンケットを代表する1マナクリーチャー、果敢持ちな上に追加の能力がこれまた凄い。
-1/-1カウンターが乗るだけ?いやいや、この損魂魔道士とゴブリンの鎖回しのタッグがもの凄いんです。

お互いアグロ同士の状況であれば損魂魔道士が戦場にいてゴブリンの鎖回しが戦場に出るとタフネス2までは根こそぎ除去という・・。

当初は火力との組み合わせでタフネス4を3点火力で除去できる上に果敢という魅力がドミナリア登場時の赤単では欠かせないコンビネーションだったのではと思います。

それはヒストリックでも再現可能ですからね、勿論。
加えて損魂魔道士はウィザードなので魔術師の稲妻も1マナで唱えられます、はい。

2位 思考囲い

黒最強ハンデスの一角を担うカード、1マナで土地以外は全て対象という範囲の広さが魅力です。
1ターン目に唱えられる強みは序盤の強力な足がかりを作るには十分でしょう。

2点ライフを失いはしますが、相手の手札を全て拝見できることも加味すれば十分な抑止力となること間違いなしですね。

1位 約束の刻

昨日で幻の1位となってしまいましたが、約束の刻と死者の原野の相性が最高だったことは間違いないでしょう。

耕作と約束の刻を両方唱えらる状況ならそれだけで4枚土地追加、何体のゾンビが登場することやらといった感じでしたが、死者の原野の禁止により幻となってしまいました。
(記事が掲載されたのは禁止制限告知前でしたので・・・)


アモンケットで収録されたカードが損魂魔道士だけだったのは残念なところではありますが、個人的にも使っていたカードでヒストリックにて投入したいカードは結構あるんですよね。

今後のヒストリックの動向が気になるところではありますが、かなり強力になったので研究のし甲斐があるというものです。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする