2020ミシックインビテーショナル開幕

アリーナの大型大会、ミシックインビテーショナルが開幕致しました。
フォーマットとしてヒストリックが初採用となった今大会はそういった部分でも注目度が高いものとなっています。

既に本記事があがる頃には初日が終了してしまっていますが、大会参加者のデッキリストが公開されています。
2020ミシックインビテーショナル 参加全プレイヤーデッキリスト(ヒストリック)

メタゲームブレイクダウン

アーキタイプ人数比率
赤単ゴブリン3220.0%
スゥルタイミッドレンジ2716.9%
ジャンドサクリファイス2213.8%
ラクドスゴブリン2213.8%
バントコントロール95.6%
黒単王神63.8%
ラクドス秘儀術師53.1%
アゾリウスコントロール42.5%
ケシスコンボ31.9%
グルールアグロ31.9%
アゾリウスオーラ31.9%
ジャンド城塞31.9%
赤単アグロ31.9%
その他1811.3%

なんと赤単ゴブリンが頭一つ抜けています。
ラクドスゴブリンと合わせるとなんと33.8%がゴブリンデッキということになります。
JumpstartとM21によって花開いたと言って過言ではないアーキタイプの赤単ゴブリン、ジャンドサクリファイスはやはりスタンダード環境で強かったアーキタイプだけあってヒストリックにおいても安定したものを持っていますね。

アモンケットリマスターの実装により、王神デッキも見かける辺りはやはり影響は大きいかなと思われます。

公式カバレージはこちらから
2020ミシックインビテーショナル メタゲームブレイクダウン

詳細なアーキタイプの紹介など掲載されていますので必見だと思いますよ。


加えるならば本日のFNM@HOMEは大会にちなんでかヒストリックとなっております。

ミシックインビテーショナル参加デッキを引っさげて挑戦してみるのもいかがでしょう。
デッキを回すのにコツが必要なものもあるかもしれませんがその辺りは得意な分野のデッキを選ぶと言うことで。


それにしてもヒストリックはJumpstartのカードが現在ワイルドカード生成しかないというのが非常に辛いところ。
テーブルトップのパック販売中はアリーナでもJumpstartイベントは継続して頂きたいなと切に願います。
アモンケットリマスターはパック購入が可能ですが、どうにもJumpstartはワイルドカード頼みとなり、圧倒的に足らない感じがあります。

ヒストリックプレイヤー拡大にもJumpstartイベントの継続はして頂きたいですね。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする