禁止制限告知(2020/10/12)

本日公式より禁止制限告知が発表されました。
対象フォーマットはスタンダード・ヒストリック・ブロールになります。

公式はこちらから
2020年10月12日 禁止制限告知


スタンダード

禁止

創造の座、オムナス
幸運のクローバー
僻境への脱出

 現在のメタゲームで最も多く使われている2つのデッキである「4色ランプ」と「4色アドベンチャー」はどちらも《創造の座、オムナス》をキーパーツとしています。《自然の怒りのタイタン、ウーロ》の禁止後、「4色ランプ」の勝率は下がり、特に対「赤緑アグロ」と「青黒ローグ」に対してそれが顕著ですが、《創造の座、オムナス》ランプ・デッキはメタゲームを歪め続けています。加えて、「4色アドベンチャー」が最も高い勝率のデッキとなり、オムナスをプレイしない他の上位10デッキのうち9つに対して有利をつけています。

 このメタゲームの支配的状態はグランドファイナルのプレイヤーのデッキ選択に現れました。少人数の招待制トーナメントにおいてプレイヤーが一緒に調整を行いデッキが少数に絞られるのはよくあることですが、今回の場合参加32人中23人が《創造の座、オムナス》デッキでした。

 その支配的状態に対処するため、《創造の座、オムナス》はスタンダードで禁止となります。

2020年10月12日 禁止制限告知

昨日まで開催されていたグランドファイナルのメタ分析でも申し上げましたが、オムナスデッキが6割、アドベンチャーデッキが7割という比率でしたので予想範囲内ではありましたが、まさかの新セットからの禁止ということでかなり思い切った判断だったかと思います。

最速禁止記録も18日と大幅更新となってしまい、非常に残念な結果でした。
既に最新セットのトップレアが禁止という異常事態となってしまい今後のスタンダードそのもに不安が残ってしまう懸念も残されます。
(ユーザーのスタンダード離れという部分)

 ラダーのプレイのデータは、オムナスのいない環境ではアドベンチャー・デッキが最強の戦略として残ることを明らかにしています。そのため、我々はそのデッキの強力で対処が難しいエンジンである《幸運のクローバー》も禁止することを選択しました。我々の想定では《エッジウォールの亭主》を使ったデッキや当事者クリーチャーは使われ続けますが、今回の変更の後ではより多くの他のデッキがそれらに対してうまく対抗できるようになります。

2020年10月12日 禁止制限告知

同様の理由で幸運のクローバーもアドベンチャーデッキ抑制の為に禁止となります。
私としては幸運のクローバーが禁止大本命予想でしたが、これでアドベンチャーメカニズムの優位性が6割くらい削がれてしまった感じではないでしょうか。

アドベンチャースペルがクローバーの数だけコピーされる様はグランドファイナルでナシフ選手が見せつけてくれた強力さですので致し方ないのかなと思います。

 最後に、我々はランプ・デッキがスタンダードのメタゲームを支配し続けないようにするためのさらなる一歩として《僻境への脱出》も禁止することを選択しました。このカードは《水蓮のコブラ》のような強力なマナ加速から《発生の根本原理》や《精霊龍、ウギン》のような重いカードへの橋渡しとして独特で強力な役割を果たしています。グランドファイナルでプレイされた土地以外のカードのうち《僻境への脱出》は2番目に多く使われていました。多くのランプのバリエーションに共通するカードとして、ランプ戦略全般を弱体化させて現在のメタゲームを変えるようにするためには最も素直な方法です。

2020年10月12日 禁止制限告知

オムナス型、アドベンチャー型を抑制する結果、ランプ系が台頭しランプを抑制する意味で僻境への脱出も禁止にするということです。
根本原理ほどマナ拘束が強くないだけに使われやすいカードではありましたので現状ウィザーズとしてはオムナス系・アドベンチャー系の消滅、ランプ系の大幅弱体(既にウーロが禁止されていますので)という形になったようです。


ヒストリック

禁止

時を解す者、テフェリー
荒野の再生

こちらは以前一時停止になっていた2枚が改めて禁止に移行する結果となりました。

 またヒストリックには現在一時停止されて解決を待っているカードが3枚存在します。これらの一時停止によるメタの発展を観察した結果、我々は《時を解す者、テフェリー》と《荒野の再生》を取り除くことがこのフォーマットの多様性と双方向性を増加し、全体の健全性とバランスを改善するという感触を得ました。その結果として、《時を解す者、テフェリー》と《荒野の再生》がヒストリックで禁止されます。

2020年10月12日 禁止制限告知

ヒストリックでも再生系は許されませんでしたという結果ですね、解禁されれば再生系が再び台頭するのは間違いありませんでしょうから・・・。

一時停止

創造の座、オムナス

 スタンダードと同様に、《創造の座、オムナス》はヒストリックでも強力であることが証明されています。ヒストリックでの勝率はスタンダードよりも低いものの、我々は《創造の座、オムナス》を使ったデッキのメタ内でのシェアが確実に増大し、とりわけこのデッキが最もプレイされているデッキであるBO3において顕著であることを目にしています。またヒストリックには《探検》や《成長のらせん》などのこのデッキが求めている追加の土地を置く手段がスタンダードよりも多く存在します。ヒストリックのメタのよりよい多様性と健全性のために、《創造の座、オムナス》は一時停止されます。

2020年10月12日 禁止制限告知

一時停止解除

炎樹族の使者

こちらは以前一時停止となっていたものが一時停止解除となり、ヒストリックで通常通り使えるようになります。

 《炎樹族の使者》は場合が異なります。これの一時停止以降、ヒストリックのパワー・レベルは『Jumpstart』と『アモンケットリマスター』の実装で大幅に上昇しており、メタ内のグルール・アグロのシェアは著しく減少しています。フォーマット全体のパワー・レベルとグルール・アグロの対戦相性を考慮した結果、我々は《炎樹族の使者》が再びこのフォーマットにとって健全で興味深いものになる余地があると考えています。《炎樹族の使者》はヒストリックで一時停止解除となります。

2020年10月12日 禁止制限告知

Jumpstartとアモンケットリマスターで強力なカードが実装された為、影響が少なくなったという判断がされ、一時停止解除となったようです。

使えないカードがひとつでも減るのはありがたいですね。


ブロール

禁止

創造の座、オムナス

創造の座、オムナスはスタンダードカードプール内でのブロールにおいても禁止となりました。

 《創造の座、オムナス》はブロールにおいて圧倒的に最も多くプレイされている統率者であり、現在最も高い勝率を誇っています。ブロールは特に多様性が重要視されるフォーマットなので、《創造の座、オムナス》はブロールで禁止となります。《創造の座、オムナス》はMTGアリーナのヒストリック・ブロールのイベントでは引き続き使用可能ですが、他の同じぐらい強力な統率者と当たる頻度が上がるシステムを導入予定です。

2020年10月12日 禁止制限告知

ヒストリックブロールはイベントのみの特殊フォーマットですので、ブロールのカードプールはスタンダードとなります。
ブロールもEDHと同じ様に盛り上がって欲しいフォーマットですね。


今回の改定は私の予想の斜め上を行くまさかのオムナスを禁止するという新セットからの即禁止という前代未聞の結果となりました。
最近はトップメタが異常な支配率を持つため、トップメタが封じられるという図式が続いています。

以前八十岡選手がツイートで仰ってた事ですが、数枚のパワーカード以外はおとなしいのが最近のスタンダード。まさにその通りだと思います。

その限られた異常なパワーカードが当たり前の様に環境を支配するため、メタゲームも画一的になり、結果そのカードを禁止せざるを得ないという状況は抜け出さないと今後も同じ様な事が続いていくのではと私が思っております。

来年発売を控えているカルドハイムも既に開発終了してしまっているでしょうから、同じ轍を踏まない形に仕上がっていて欲しいですね。

ではまた。

追記

既に禁止制限告知発表後に行われたバージョンアップでアリーナ上では既に使用ができなくなっております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする