本日もFNM@HOMEイベント開催してます

環境激変後初の週末となりましたが、FNM参加されている方はどんな感じでしょうか。
テーブルトップにおいてもオムナス及びアドベンチャーが封じられたことで変化を感じていらっしゃるのではないでしょうか。

さて、今週のFNM@HOMEイベントのテーマは

禁止制限告知でも少し話題に出たヒストリックブロールです。
このようなイベントの時にしか使えないヒストリックブロールですので、体験しておくことに意義があると思います。

今回のイベントにおける禁止カードは以下の通り

ドラニスの判事
ギデオンの介入
ルーンの光輪
運命のきずな
翻弄する魔道士
時を解す者、テフェリー
呪文追い、ルーツリー
軍団のまとめ役、ウィノータ
王冠泥棒、オーコ
不屈の巡礼者、ゴロス
魔術遠眼鏡

ブロールはフォーマット的にはスタンダードのカードプールよりコマンダー及びシングルトン構成の60枚デッキ、ライフは25点スタートとなりますがヒストリックブロールではそのカードプールがヒストリックまで拡大したものとなります。

今回もデッキは白単天使でいってみましょう。
なんでかまどが入っているの?かまど・・・。
本当になんで突っ込んだんでしょうかねこれ。

このときの対戦相手は同じ白単ミラーですが、オゾリスを利用したカウンターデッキでした。
全体除去さえ引けばまぁなんとかなるんですよ、それまで耐えられれば。

ブロールの場合、手札で腐ってしまうようなものは避けた方がいいかもしれませんね。
色対策カードはハマれば効果大きいですが、外すと手札で腐りますので。

睡蓮のコブラと異形化でした、両方ともレアカードというのも珍しい・・・
大抵どちらかもしくは両方ジェムなんてのが続いただけに。

参加報告報酬は原初の力と胞子網の織り手のカードスタイルでした。
久々のスタイルだったかもしれないですね。
ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする