日本選手権2020 秋 1日目結果

YoutubeとTwitchにて放映されていたので視聴されていた方も多かったかと思いますが、1日目の結果です。

大会詳細はこちらから
日本選手権2020
大会視聴ガイドはこちらから
日本選手権2020秋

1日目終了時点で全勝7-0は1名、ディミーアローグにての達成です。

大会規定で2日目に進めるのは5-2までの49名が確定しているのですが、64名に満たない場合、それ以下の順位で64位までの選手が2日目に進出できるため4-3のうちの上位15名までが明日の2日目へと進出できます。

では本大会初日のアーキタイプを振り返ってみましょう。
今大会におけるデータソースは公式より抽出しております。
日本選手権2020秋 本戦

日本選手権2020 秋 アーキタイプブレイクダウン

アーキタイプ人数比率
グルールアドベンチャー6430.62%
ディミーアローグ2511.96%
ティムールランプ104.78%
セレズニアブリンク94.31%
ラクドスミッドレンジ94.31%
ディミーアコントロール83.83%
緑単アグロ83.83%
ゴルガリアドベンチャー73.35%
アゾリウスコントロール73.35%
マルドゥミッドレンジ62.87%
赤単アグロ62.87%
セレズニアアドベンチャー41.91%
オルゾフコントロール31.44%
ラクドスランプ31.44%
ナヤミッドレンジ31.44%
エスパードゥーム31.44%
白単アグロ31.44%
緑単ランプ31.44%
アブザンアグロ20.96%
アブザンミッドレンジ20.96%
マルドゥウィノータ20.96%
バントブリンク20.96%
ゴルガリミッドレンジ20.96%
イゼットランプ20.96%
セレズニア変容20.96%
グリクシスミッドレンジ10.48%
ジェスカイコントロール10.48%
セレズニアミッドレンジ10.48%
スゥルタイコントロール10.48%
ボロスランプ10.48%
ラクドスアグロ10.48%
エスパーブリンク10.48%
ボロスコントロール10.48%
オルゾフライフゲイン10.48%
アゾリウスブリンク10.48%
ナヤテンポ10.48%
5cミッドレンジ10.48%
グルールコントロール10.48%
青単コンボ10.48%


総勢39アーキタイプ、久しぶりにこのようなある意味健全なるスタンダード環境が戻って来て嬉しい限りです。
トップメタのグルールアドベンチャーも3割となっており、上位5アーキタイプを足しても56%弱というまさに群雄割拠なメタゲーム状況。

上陸シナジーも含んでいる部分もあり、ランプデッキとアドベンチャーデッキが多めではありますが、アグロからミッドレンジ、コントロールに至るまで幅広いアーキタイプがあることも見受けられます。

以前と異なり、特定のカラーに偏っていないという部分も大きな変化です。
緑が多い傾向ではありますが、多色の組み合わせも以前の画一的なものではなく幅広い組み合わせが見られます。

年明けまではこの環境が続いていくとは思われますが、そこはスタンダード。
常に変化していくのも醍醐味です。


さて、ここで見事通過を果たした64名の選手に絞って見てみましょう。
つまり明日のアーキタイプブレイクダウンとなります。

TOP64 アーキタイプブレイクダウン

アーキタイプ人数比率
グルールアドベンチャー1828.12%
ディミーアローグ1015.62%
ラクドスミッドレンジ46.25%
グルールアグロ46.25%
セレズニアブリンク34.68%
ディミーアコントロール23.12%
緑単アグロ23.12%
緑単ランプ23.12%
ラクドスランプ23.12%
緑単ミッドレンジ23.12%
マルドゥミッドレンジ23.12%
アゾリウスコントロール23.12%
ゴルガリアドベンチャー11.56%
ティムールランプ11.56%
アブザンアグロ11.56%
セレズニア変容11.56%
セレズニアアドベンチャー11.56%
エスパーブリンク11.56%
赤単アグロ11.56%
ナヤミッドレンジ11.56%
エスパードゥーム11.56%
イゼットランプ11.56%

なんと64名選手で22アーキタイプ、アーキタイプだけでみると7割のアーキタイプが残っていることになります。
これだけ環境が画一ではないという証ですね。

どんなアーキタイプにも可能性がある

というのが今大会で体現されたのではないでしょうか。
2年近く前のラヴニカ環境自体を思い出させますね、嬉しい話です。

上位アーキタイプ比率も大幅に変わることなく、ややディミーアローグがより勝ち残っている感じが見受けられます。


さて、明日の放送ですが同じく12時よりYoutube及びTwitchにての配信となります。
私も引き続き観戦させて頂こうかと思います。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする