Eternal Party 2020 東京 結果

晴れる屋トーナメントセンター東京にて開催されていましたエターナルパーティー2020東京大会が先程閉幕となりました。

決勝ラウンドはもちろん観戦させて頂きました、個人的には今レガシーが熱いだけにこのエターナルパーティーとThe Last Sunは是非とも観戦したい大会でしたのでよかったです。

大会公式ページはこちらから
MMM Finals 2020&Eternal Party 2020
大会カバレージはこちらから
Eternal Party 2020 東京カバレージ

MMM(マンスリーモダンマスターズ)及びKMC(ノウンマジシャンズクラン)は関西草の根の定期大会でもあり、BIGMAGICのくーやんさんが中心となって開催されています。

他にもパウパーのPTA(パウパートーナメントアジア)やKOS(カンサイオープンシリーズ)なども開催されており各フォーマットにおいての定期的な開催がされている関西の大会がなんと晴れる屋との共同開催で実現したのが今回のMMM及びエターナルパーティーで今後の活動に期待が持てる大会だったと個人的には思っております。

そしてこの東京大会を制したのはエルフを操る島田 裕幸選手でした、おめでとうございます。

ジャンプスタートで登場したアロサウルス飼いによって緑中心のデッキではありますがフェニックスの如く息を吹き返したアーキタイプでもありました。

決勝戦での対戦カードはなんとANT、マッチアップとしてはエルフが不利と言われていた中、見事な2-0ストレート勝利でした。

2戦目に至っては1ターン目の返しで相手の勝ち筋を打ち砕くという1ターンキルまで達成されるという華々しさを添えた閉幕だったと思います。

決勝戦の時間はあっという間に終わってしまったのが少し残念ではありますが、レガシーらしい対戦内容だったなと改めて満足させて頂きました。

残念ながら今年これ以降の大会は延期ということになってしまいましたが、自粛期間が明けて再開された際にはまた観戦したいと思います。

というかそろそろいい加減自分も大会行きたいなという。
ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする