カルドハイムチャンピオンシップ予選にて小変更ありました

既に先月より開始されたカルドハイムのチャンピオンシップ予選ですが、今月から変更がありました。

公式イベント文書はこちらから

Kaldheim Qualifier Weekend Rules


カルドハイムチャンピオンシップ予選とはそもそも何かと言いますと、該当期間の間でアリーナ上におけるランクマッチ戦の成績がミシック上位1200位以上に入賞すると参加権利が獲得できる招待制予選となります。

カルドハイムチャンピオンシップ予選スケジュール

開催日フォーマット該当ランクマッチ戦期間
2020年12月19-20日ヒストリック構築戦2020年11月度 シーズンランクミシック上位1200位以内(構築もしくはリミテッド)
2021年1月16-17日ヒストリック構築戦2020年12月度 シーズンランクミシック上位1200位以内(構築もしくはリミテッド)
2021年2月27-28日スタンダード構築戦2021年1月度 シーズンランクミシック上位1200位以内(構築もしくはリミテッド)

つまりは月末、ランクマッチシーズンが終了する(切り替わる)タイミングでミシック上位1200位に入っていることが条件となり、達成すると参加権利が得られるという訳です。

予選は各シーズン(エキスパンション)で4回あり、カルドハイムは既に11月に1回目の予選が終了していますので残り3回となります。

その予選にて2日目6勝以上を達成するとはじめてチャンピオンシップへの参加権利を獲得するというわけです。

先日バークレー選手が優勝されたのは、前シーズンのゼンディカーの夜明けチャンピオンシップということです。

先週末から開催されていたゼンディカーの夜明けチャンピオンシップではブラッド・バークレー選手の優勝で閉幕となりました。バークレー選手...

今回のカルドハイムチャンピオンシップについても多分来年の3月に開催されるかと思われます。
(詳細はまだあがってきておりませんので予測となります)

テーブルトップで来年年明けまでイベントが開催されない状況ですので、アリーナ上で頑張ってチャンピオンシップに出場してみようという意気込みもありなのではないかと思います。

ではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする